2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Amazon CD

  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
無料ブログはココログ

« 青い風~砂川ご夫妻によるフォークデュオの魅力 | トップページ | 豊洲の盛り土なし問題は単純な真相と構造 »

2016年9月28日 (水)

澤江衣里さん&渚 智佳さんジョイント・リサイタル~シューマン「溢れる詩情と幻想」

ソプラノ歌手 澤江衣里さんが
ピアニスト 渚 智佳(なぎさ ちか)さんと
「シューマン 溢れる詩情(ポエジー)と幻想(ファンタジー)」
と題して、オール・シューマンのプログラムによる
ジョイント・リサイタルを大泉学園ゆめりあホールで
開催された。

後半に通常は男声により歌われる「詩人の恋」を
女声歌手が歌ったこともあるかもしれないが、
いつも書いている澤江さんの「温かな声」に、
今回はある種「客観性」ということを感じた。

といってもそれは「クール」という意味ではなく、
万人に対してというより文字通りサロン風な
コンサートとしての個対個というような「語り」が
ベースにある丁寧な、しかしいつもながらの
温かで気品のある声によるアプローチ、
という意味で用いたい。

初めて聴いたピアノの渚さんはとても素敵な奏者。
タッチが柔らかく1つ1つの響きを常に大事にして、
1音1音を温めて弾いていくような、
音を常に慈しんで弾いているようだった。

派手でも地味でもなく、上質な布や羽毛を想わせる
ような和音をつねに創ってゆく。
久しぶりに「この人のピアノのレッスンを受けてみたい」
と想わせてくれる素敵なピアニスト。

よって、澤ちゃんの慈愛ある声にとてもよく合っている
と思った。
今後何度でもこの2人でのコンサートを聴いてみたい。

曲目
1「ミルテの花」Op.25より「献呈」「蓮の花」「ズライカの歌」

2「リーダークライス」Op.39より「森の対話」「月の夜」

3「ウィルヘルム・マイスターからの歌曲と歌」Op.98aより
   「あの国をご存知ですか?」

4ピアノ独奏で 幻想小曲集 Op.12 全曲(8曲)

後半
5「詩人の恋」Op.48 全曲(16曲)

アンコール
1ピアノ独奏「トロイメライ」
2「君は花のよう」

« 青い風~砂川ご夫妻によるフォークデュオの魅力 | トップページ | 豊洲の盛り土なし問題は単純な真相と構造 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック