« 天皇陛下 お気持ちを表明~陛下の強い思い、踏み込んだご発言 | トップページ | 金藤理絵選手~「人って変われるんだ」と讃えた加藤コーチ »

2016年8月12日 (金)

内村航平選手 個人総合優勝 連覇~そしてナイスガイなベルニャコフ選手

男子体操個人総合戦~2人の勇者
ナイスガイ!~内村を讃えたベルニャコフ

団体優勝を見事に決めた日本チーム。
その男子体操の個人総合戦 で、内村選手が2連覇を達成した。

最後の鉄棒を残して、ウクライナのベルニャエフ選手がトップ。
その差は0.901。

結果は完璧な演技をした内村選手が逆転優勝した。
ベルニャコフも着地で乱れた以外は大きなミスは無かったのでトップを確信していた彼は落胆し、会場からはベルニャエフ選手の得点の低さにブーイングが出た。


終了後の3位までの合同記者会見で、記者から内村選手に、
「審判があなたにシンパシーを感じているから、高い得点が出たのではないか?」と意地悪というより素人質問が出ると、
内村選手は「審判は常に公平だと思う」と応えた。

ここで、「事件」が起きた。

逆転負けしたベルニャコフ選手が内村選手に投げられたこの質問に対して、
「いったん得点が出れば、それは公平な結果。
 その質問はムダだと思う」、と
憮然として記者を一蹴したのだ。


鉄棒の難度申告において、内村選手は7.1の最高難度の技を入れて成功したのに対して、ベルニャコフ選手が申告していた最高難度技は6.5と、最初から0.6の差が最初からあったので、2人が完璧に演技したとして、それでも0.3の差でベルニャコフ選手が勝ったのだが、逆に言うと、少しでもベルニャコフ選手にマイナス演技が出れば、内村選手が逆転するというのは数字からも容易に想像できたことだった。

記者がいかに体操を「知らない」で意地の悪い質問をぶつけたか、ということだ。

ベルニャコフ選手はこう語った。
「逆転負けしたが、差は0.099。ここまで彼に肉薄した選手は過去誰もいない。彼をとても尊敬しているが、次は僕が勝つ!」。

ウクライナ内戦で、満足な練習環境が無い状況の中で鍛錬してきたことを知っている人も多いだろう。
ナイスガイ! ベルニャコフ!

« 天皇陛下 お気持ちを表明~陛下の強い思い、踏み込んだご発言 | トップページ | 金藤理絵選手~「人って変われるんだ」と讃えた加藤コーチ »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック