« シン・ゴジラに関する東京新聞の記事より | トップページ | スマップの解散について批判的見地から考える~ジャニーズ事務所のマネジメントの失敗~5人はマネージャーよりファンこそ大事なはず »

2016年8月17日 (水)

卓球女子&男子~新時代に向かって

女子卓球団体戦
日本-オーストラリア戦。
リオ現地の人々から「ニッポン!」コール。
まあ、扇動しているのは日本人だけれど、五輪ならではではある。


祝 女子卓球団体 銅メダル!
しかも4試合目をストレート勝ちという圧巻でメダルを
決めたのが15歳の伊藤美誠、というのが新時代を象徴する。
直後に号泣大泣きしたのが福原愛さん。
昨日のことがあったから尚更。しかもこの3位決定戦の
第1試合に登場して(結果、自分だけが)負けてしまったから、
喜びは察して余りある。

印象的だったのは、メダルを決めた第4試合が始まる前、
愛さんと美誠さんがアイパッドをのぞき込みながら
真剣に話し、愛さんが美誠さんにアドバイスしている シーン。
あれは期せずして、対戦相手である世界ランク4位の
シンガポールのフェン・ティアンウェイに
 「何のデータ?何を話してるんだろう?」と
不気味に映ったに違いない。

勝利後、伊藤選手は喜びながらも「まあ、良かったね」って
感じでニコニコしていた。恐るべし15歳。

石川佳純選手は、インタビューの際に思わず泣き出した。
シングルでは足の痛みという不運でメダルに至らなかった
悔しさをもって臨んだ団体戦での石川選手は
準決勝戦でも、この3位決定戦でも完璧なソロ勝利
 =団体戦全勝で、
さすがエースという感があり見事だった。

インタビューで福原愛さんは、あらためて涙があふれ、
「本当に嬉しいです。みんなの足を引っ張ってばかりで、
 2人には感謝です。本当に苦しいオリンピックでした」、と
「苦しかった」と語ったのが印象的だった。

http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160816-00000136-spnannex-spo


勢い、流れ~佳純さん
多くの新聞でも指摘しているように、
卓球団体女子3位決定戦は、福原が負けた後の第2試合、
石川佳純選手は第1セットを7-10と追い込まれながらも、
5連 続得点でデュース逆転してセットを奪ったときが
勝利への分岐点だったのは明らか。
見ていた誰もが「行ける!」と思ったことだろう。

実際その後、ストレートで第2試合を勝ち、
第3試合の福原+伊藤組で2勝目としてセットを逆転。

単独試合である第4試合で伊藤美誠が15歳とは思えぬ
冷静さで圧巻のストレート勝ちで銅メダルを決めたのだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

福原愛さん11月で28歳、石川佳純さん23歳、
伊藤美誠さん10月で16歳、と、5才差、7才差、という
世代別的なバランスの絶妙さも良かった。


伊藤美誠さんいわく、
「先輩たちを手ぶらで帰すわけにはいかない」
 ~有言実行は水泳だけにあらず

福原愛さんいわく、
「最年長のキャプテンでしたので、2人の前では泣かないと
 決めていました。しかし、(銅メダル決定後に)
 泣いてしまいました」


倖田來未も祝福 アルバム曲で石川佳純をイメージ
どの曲は2人の“秘密”

石川佳純選手がファンを公言している歌手、倖田來未さんは
「普段お会いする時は女の子らしくて可愛いけど、
 試合の時はとってもとっても格好よかった」と称えた。

石川のファン歴は中学2年から。
「私の永遠のブーム」と言うほどで、試合前には
 必ず倖田の曲を聴いている。
2012年にTBS「炎の体育会TV」の収録で出会い意気投合。
倖田は14年発売のアルバム「Bon Voyage」に
石川をイメージした歌を収録。
「どの曲かは本人(石川)だけに教える」と2人だけの秘密
にしているほどの仲。

3位決定戦を自宅でテレビ観戦し、
「圧倒的なプレーもさることながら、平常心を保って、
 都度気持ちをリセットしながら試合に臨まれているのを
 強く感じた。ベン チで必死にサポートする姿にも
 胸を打たれました」と感激。
「またいつものように、可愛らしく、くしゃっと笑う石川選手に
 お会いできるのを心より楽しみにしております」、と
直接祝福する日を待っている、とのこと。
http://www.sponichi.co.jp/olympic/news/2016/08/18/kiji/K20160818013189911.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

男子

個人

「女子ばかり注目されてきて」~水谷隼選手
 ~男子卓球シングル史上初のメダル
水谷隼(じゅん)選手は本音を語った。
「インタビゅーは、愛ちゃんや石川選手に来て、
 僕にもたまにツイデとして来る程度だった。
 男子は悔しい思いばかりだった。
 注目されるには国際大会で、五輪で勝つしかない、と
 ずっと思ってやってきた」

http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160812-00000572-san-spo

団体

男子団体が見事に銀メダルを獲得した。
エース水谷が決勝でも魅せた。
第2試合で世界ランキングでは格上の許昕(26歳)と対戦。
過去の対戦成績は12戦12敗。一度も勝っていない選手に
2ゲームを連取し たが、第3、4ゲームを奪われ、
最終ゲームでもマッチポイントを握られた。
しかし、そこから5連続ポイントを挙げての大金星。
準決勝戦でも、過去1勝15敗のドイツのボル選手に勝利
したのだから、見事。
http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160818-00000084-spnannex-spo

« シン・ゴジラに関する東京新聞の記事より | トップページ | スマップの解散について批判的見地から考える~ジャニーズ事務所のマネジメントの失敗~5人はマネージャーよりファンこそ大事なはず »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック