« 千代の富士 逝く | トップページ | 映画 シン ゴジラ~斬新な設定 傑作の誕生 »

2016年8月 1日 (月)

東京都知事選挙

投票日数日前の感想
小池さんが人気があるようだ。TVで見ると選挙カーの周りには女性が多く集まっているが、立候補者が女性で初の女性都知事を見 たい、という点と、自民党と ケンカしてまで立候補した点に「カッコイイ」と思う感情が応援する主な理由と想像するが、ではあの女性たちは、小池氏が「安保法案は遅きに失したくらい だ」、と発言していることは知っているのだろうか?とフッと思ったりもする。


鳥越さんについて
苦戦しているようだ。今更だが、やはり野党は宇都宮さんを押すべきだった。
それはさておき、これも今更だが、鳥越さんは憲法のことはあまり言わないほうがよい。「だったら参院選に出ればよかったでしょ」と私ですら思う。都知事の仕事は都政であって国家的課題とはイコールではないし、いわんやイデオロギーではない。
候補者としては保育所や介護の問題を最初から第一義的に徹底的に重点として押し出すべきだった。
街頭演説が増田氏や小池氏に比べて少なすぎる。
体力や健康面でというなら理由にならない。それなら最初から立候補すべきではなかった。

増田さん
与党が推薦しなかったら、この人が一番「まとも」と思うかもしれないのに。


投票日当日
一応、鳥越さんに入れたけど、名前が書き難く「不利」を感じた。ひらがなでもいいらしいが、それも長すぎる。

議会の冒頭解散という公約だけに絞れば、小池さんを支持する。
都行政という実務を考えると全体的には増田さんを支持する。
けれど、小池さんはタカ派すぎ、増田さんは与党推薦という点が気に入らないので、今回は消去法で鳥越さんに投じた。

でもたぶん小池さんが勝つのだろうな、と想像する。次点か逆転があるとしたら増田さんだろうな、と想像する。
小池さん、外交的、公法へのスタンスが誰よりもタカ派過ぎる。せめてその点さえ無ければ、1票投じたかもしれないのに。
増田さん、与党の推薦じゃなかったら、1票投じたかもしれないのに。そういう点では残念。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2日以降の追記

決まってから

政党応援の限界~都知事選

自民党支持層の52%が小池氏投票
公明党支持層の31%は小池氏に投票
民進党の支持層の30%が小池氏に投票
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
自民党支持層の投票先が最も多かったのは小池百合子氏の52%で、同党の推薦候補だった増田寛也氏の40%を上回った。

公明党支持層のうち63%が同党推薦の増田氏に投じたが、31%は小池氏に投じた。

「支持政党なし」の無党派層からも50%を獲得し、増田氏 23%、鳥越氏19%の得票の他の候補を引き離した。

鳥越俊太郎氏を推薦した民進党の支持層では、56%が鳥越氏に投票した が、30%は小池氏に一票を投じた。

自民党都連は、親族を含め小池氏を支援した場合は除名などの処分対象にするとの文書を出し、締め付けを図ったが、小池氏はこうした圧力を逆手に取って改革姿勢を前面に出し、与野党支持層や無党派層から幅広く支持を獲得。強硬な引き締め策が裏目に出、小池氏の追い風になった。

都議の一人は怒りを隠せない。
「あんな通知は最低だ。もう強制的に動員をかけるとかいう時代じゃない」
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016073100175&g=elc


顔を使い分けるザイトク~香山リカ氏も朝日新聞投書で批判

ザイトクの桜井氏が11万4千票も獲得したのは驚きだ。
30年前なら千票にも行かないくらいだったろう。
日本人の劣化を感じる。
もっとも、11万が限度で すけどね、ということでもあるが。

選挙前、ポスター=掲示板を見て驚いた。
満面の笑みで、この人、こんな作り笑いができるんだ、と心底感心した。
あの写真 だけ見る限り桜井氏はとても良い人に見えた。

NHKの政見放送でも、「シナ人」という言葉は使ったが、内容は在住外国人への制限という、ある意味、一般論的な当たり触りのない内容でお茶を濁していた。

しかし、2日付の朝日新聞「声」に、香山リカ氏が、こう投稿していた。

「ヘイトデモを実施してきた排外主義団体の元会長が立候補した。
 その街頭演説は、<20年前、イラン人同士が路上で覚醒剤を
 売りつけていた。代わって今、 大変な問題を起こしているのは
 シナ人、朝鮮人だ>というような耳をふさぎたくなる主張の
 連続だった」、
「ヘイトスピーチは魂の殺人といわれる。選挙期間中 に、
 ヘイト対策法でいう「外国出身者を地域社会から排除すること
 扇動する不当な差別的言動」が公然とできる現状は
 看過できない」、と。

ポスターでは温和な笑みを浮かべ、NHKの政見放送では
穏やかに日本人の権利を強調するに留めても、
街頭演説では相変わらずレイシスト発言を叫んでいた、
ということだ。
見事な使い分け、見事な茶番だ。

« 千代の富士 逝く | トップページ | 映画 シン ゴジラ~斬新な設定 傑作の誕生 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック