« 週刊誌記事のカスネタ~タイミングが「選挙妨害だけが目的」ということを全て物語る | トップページ | プラチナ☆シンガーズ第1階演奏会~ヒロシマに捧ぐ ~若々しい声に驚く  素晴らしかった澤江衣里さんと与那城敬さんのソロ »

2016年8月 3日 (水)

私が鳥越さんを積極的に押せなかった理由

私が鳥越さんを積極的に押せなかった理由~敢えて野党批判

以前も書いたが、野党は今度こそ宇都宮さんを押すべきだった。
もっと接戦になったはず。
石田純一氏を担ごうとした時点で「コリャ、ダメだ」と思った。
不真面目過ぎる。

舛添さん問題で都民は真剣に反省し、ちゃんと選び直したい
と思っているその心を読めていない。

鳥越さんはジャーナリストとしては好感度はあるが、
立候補に際して公然と
 「都知事選には関心がなかったから他候補の公約は
  読んでいない」などと言い、
立候補演説冒頭で「改憲阻止。安倍政治阻止」と言った時点でダメ。

その主張自体には同意するが、それは都知事の仕事ではない。

「だったら参院選に出るべきでしたね」と私でさえそう思う。

最初から徹底的に育児(少子化)問題、介護問題等、
都民の最重要事項に特化して言及すべきだった。

憲法以外では最初は「がん検診100%」を打ち出した。
大事なことだが、最初からディティールに入り過ぎ。

「聞く耳」を持っている、は意味が不明。当たり前過ぎる。
「住んでよし、働いてよし、学んでよし、環境によし」など、
当たり前過ぎ、抽象的過ぎて意味が無い。

今回の野党のように、自治行政の長の選挙に
イデオロギー論戦や国政議論を持ち込むのは手法として邪道だし、
間違っている。

「反原発」は都の問題に直結するからOKだし、
「非核宣言」も悪くはないが、
「安倍政治ストップ」を都知事候補が言うのはおかしい。

その目的達成は都知事選ではなく、あくまでも参院選、衆院選で勝つことしかないのだ。

宇都宮さんなら都政を十分勉強しており、政策を持っており、
反安倍政治的要素を持っている点があるから、冒頭のとおり、
野党が反自民を強調した上で都知事選を戦いたいなら、
舛添氏で失墜した「誠実さ」という印象の点も含めて
今回こそ宇都宮さんを押すべきだった。

現実の選挙戦においても、小池さん増田さんに比べて、
鳥越さんは街頭演説数が少なすぎた。
年齢と健康面を理由にするなら、
それこそ立候補すべきではなかった。

野党共闘自体は意義があり、今後も継続して欲しい。
しかし、今回のように、
「何の考えも戦略も人心掌握もできていない」まま、
事を進めてはまるで意味が無い。

« 週刊誌記事のカスネタ~タイミングが「選挙妨害だけが目的」ということを全て物語る | トップページ | プラチナ☆シンガーズ第1階演奏会~ヒロシマに捧ぐ ~若々しい声に驚く  素晴らしかった澤江衣里さんと与那城敬さんのソロ »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック