« 天皇陛下の生前ご退位の意向という報道について | トップページ | 二期会 フィガロの結婚~黒田博組 »

2016年7月14日 (木)

東京都知事選告示

都知事選 告示
宇都宮さん、立派な判断だが、むしろ今回こそ野党は宇都宮さんを押すべき。
宇都宮さんを押す人々からしたら、苦しく悔しい決断と感じてるだろう。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160713-00000064-mai-soci


鳥越さんは勝てるのか?
前回は、「宇都宮さんでは舛添さんに勝てないだろうな」と思った。が、今回は野党はむしろ宇都宮さんを押したほうが選挙を優勢に戦えたように想えてならない。

先般の舛添さんの問題で有権者が学んだことは「知名度やイメージで選んではダメだ」ということだ。そういう教訓を得たばかりだから、ジャーナリストとしての鳥越さんのイメージはともかく、都知事候補者としては唐突に過ぎるし、宇都宮さんを押していた人が、では鳥越さんに投票するか?と言うと、そうでもないのではないか?

実際、ネット上では、宇都宮さんを押していた人々からは落胆とともに鳥越氏に対する疑念や批判が飛び交っている。

宇都宮さんが鳥越さんの選挙カーに乗り込んで応援演説でもしない限り、野党がもくろんでいるほど鳥越さんが得票できるとは限らないと想像する。

私は4人だったら今回は宇都宮さんに投じたが、3人だと小池さんとするかもしれない。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160714-00127297-toyo-bus_all


増田さんにおけるマイナス的イメージ~「マス」で始まる名前?!
1岩手県知事時代「飛行機はファーストクラスを使ってました」
2最近まで東電の社外取締役
3なにより、舛添さんに続き、また、「マス」で始まる名前!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160714-00000044-asahi-pol
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160714-00000053-sph-soci&pos=5


小池さんに同情票行くか?~英国女性首相~米国も?~都知事も?
自民党東京都連が11日、所属する国会議員や地方議員へ、党が推薦していない候補者=小池氏を応援した場合、「除名などの処分対象になる」との文書を配布。
http://www.hochi.co.jp/topics/20160713-OHT1T50010.html


後だしジャンケンという言及(指摘)は意味が無い
鳥越さんはジャーナリストとして好感度があるが、都知事候補としてはどうか?という点は全く判らないし別問題。ただし、対立候補やその周辺、非難側やマスコミが使う「(究極の)後だしジャンケン」という用語は全く的外れだし間違っている。

あくまでも公示日までに立候補すればOKであって、1番最初に名乗り出た、とか、最後だった、とかは事務手続き的な事実関係、事象に過ぎない。批判する要因には当たらない。


レイシスト候補者~都知事選
今回の都知事選で、3人にも増して得票数で私が注目するのは桜井誠だ。そう、あの「ザイトク会」の会長だ。あのようなレイシスト=人種差別主義者でも選挙に立候補できる日本は、なんてステキな民主主義国家なのだろうか。


逆効果
小池さんの鳥越さんに対する残念な発言「病み上がりの人」を聞き、「では、病み上がりの76歳の老人に命がけで都政をやってもらおう」と思った。
週間文春のアホな記事に、「こういう卑劣な攻撃をするなら、鳥越さんを応援しよう」と思った。


捏造報道とタイミング~恥ずかしいのは週刊誌
もちろん鳥越さんが恥ずかしいのではない。その場にいたわけでもない記者が平然とショーモナイ記事を書き、販売する週刊誌こそ恥ずかしい醜態。ゲスの極みだ。
鳥越さんが本当にモラル的にゲスな行為をしたなら、その事件直後あるいは発覚直後、警察なりマスコミが追及すべきでしょ。時間が経っての今のタイミングでは、「立候補に対する横ヤリ以外に理由は無い」ことは小学生でも判る。
 余談~ゲスの漢字
ゲスは、使う文字で語源はそれぞれあるものの、現状、「下種・下衆・下司」のどれを使ってもよいことになっているとのこと。


驚きの候補者ポスター~ザイトクに平和賞を!?
ポスター掲示板を見て驚いた。
満面の笑みで、この人、こんな作り笑いができるんだ、と心底感心した。
天真爛漫な
この写真だけ見ると桜井氏はとても良い人に見える。
この笑顔を、ぜひ普段から差別発言している韓国の人々に向けて欲しいものだ。そうしたら、ノーベル平和賞もんだ!?
心を入れ替えるなら今だぜ。

« 天皇陛下の生前ご退位の意向という報道について | トップページ | 二期会 フィガロの結婚~黒田博組 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック