2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Amazon CD

  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
無料ブログはココログ

« 核弾頭保有数と原爆に対するアメリカ国内および世界の諸国の認識の変化、関心度の高まり~好ましい状況 | トップページ | 情熱大陸~田中彩子さん »

2016年6月 1日 (水)

新しい四季

新しい「四季」~by マックス・リヒター

ヴィヴァルディの「四季」をマックス・リヒターがリコンポーズ(リメイク)し、2012年に録音されて(以降)話題になった。

もともとこの作品は、ドイツ・グラモフォンが2006年から始めた「リコンポーズ・シリーズ」の1枚として企画されたもので、リヒターがヴィヴァルディの原曲から25%の素材を残し、新たな音符を書き加えた作品。

日本初演は、先般の「ラ・フォル・ジュルネ」で庄司紗矢香の弾き振り、ポーランド室内管弦楽団により演奏されたが、私はチケット購入済ながら所用が入り、聴けなくなり残念に思っていたが、東京に先立つ、本家のフランス ナントにおける「ラ・フォル・ジュルネ」での演奏がユーチューブで公開されたのが嬉しい。

原曲は25%よりもっと使われているのではないか、と想えるほどよく活かされているし、特別気を衒うようなしておらず、十分楽しめるのが良い。

ハープが効果的に使われるなど、全体的に静けさと広がり感を基盤としている点も好感が持てる。

https://www.youtube.com/watch?v=XXxkiXi0T70

Sayaka Shoji & Polish Chamber Orchestra - Vivaldi/Richter : The Four Seasons Recomposed
Polish Chamber Orchestra
Sayaka Shoji, violin & direction
06.02.2016
Cité des Congrès de Nantes, France
La Folle Journée 2016
https://www.youtube.com/watch?v=XXxkiXi0T70

« 核弾頭保有数と原爆に対するアメリカ国内および世界の諸国の認識の変化、関心度の高まり~好ましい状況 | トップページ | 情熱大陸~田中彩子さん »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック