2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Amazon CD

  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
無料ブログはココログ

« 題名のない音楽会~山田和樹氏による合唱の指導 | トップページ | 知事による外遊の必要性&政治資金規正法のザルさ »

2016年6月13日 (月)

スラットキン指揮N響~武満徹「系図」~優しさに満ちて

スラットキン指揮 N響~武満徹「系図」~優しさに満ちて

先程Eテレでスラットキン指揮N響による武満徹の「系図」~若い人のための音楽詩を見、聴いた。

語りは可愛らしい顔立ちの山口まゆさん。

吉行和子さんは別として、これまで10代でこの役を演じてきた私が知る3人の少女と比べて、今回4人目となる山口さんは一番 抑制を持った、いわば最も地味な語りだったかかもしれないが、その分、飾らない健気さとか優しさが滲み出ていて、とても良かった。

それにしても、いつ何度聴いても目頭が熱くなり魂が震えるような素晴らしい曲だと、この日もあらためて思った。

日本人が作曲した最も偉大な曲は三善晃の「レクイエム」だと信じて疑わないが、日本人が作曲した最も優しさに満ちた曲はこの武満の「系図~ファミリートゥリー」だと思う。

武満は生前、インタビューで
「この空虚な現代においては家族の再生こそが重要。それは結局「愛」の問題」という主旨の事を語っていたが、何よりも曲自体が全編 愛に満ちた愛に溢れた素晴らしい作品だ。

武満作品を生前から積極的にとりあげてきたスラットキン氏が、今回「系図」を演奏してくれたことに心から感謝したい。

« 題名のない音楽会~山田和樹氏による合唱の指導 | トップページ | 知事による外遊の必要性&政治資金規正法のザルさ »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック