« 原爆慰霊碑の碑文 「過ち」をめぐる論争について考える~~オバマ大統領 広島訪問記念考察 | トップページ | 劉 薇 (リュウ ウェイ)さん ヴァイオリン リサイタル 来日30周年記念 紀尾井ホール »

2016年5月27日 (金)

オバマ大統領 歴史的な広島訪問

歴史的な日~感動的だったオバマ大統領の演説~「死が空から降ってきた」

来日前のNHKとのインタビューでは「過去を振り返るよりも、未来に向かって~」と語ったが、広島では当初言われていたような5分ほどの短いコメントではなく、17分に及ぶ長い大きなメッセージだった。それをオバマ大統領は次の言葉で開始した。

「71年前、雲無く晴れ上がったその空から「死」が降ってきた」。

そしてこう語っていく。
「爆弾が投下された瞬間を考えます。子供たちの恐怖を考えます。我々はこの戦争によって死亡した罪の無い人々のことを考えます。ただの言葉だけでは、この人達の苦悩に声を与えることはできない。私達はこれから何をやっていかなければならないのかを問いかけなければならない。私達は変化していかなければならない。世界に侵略行為、テロ、腐敗行為、残虐な行為、抑圧行為があるということは、我々の仕事が未だ終わっていなことを示す。人間は悪の行為を行う能力を排除できないかもしれない。防衛も必要だ。しかし、核保有国はそうした恐怖の論理から逃れる勇気が必要だ。核の無い世界を追跡しなければならない。戦争自体に対する考えを変えなければならない。紛争を外交で解決しいなければならない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

我々は1つの人類という家族の一員。愛する家族との1日。その朝。そうした貴重な瞬間は71年前にもこの地にあった。亡くなった人達は私達と同じなのだ。一般の人達はそれを理解できるはずだ。世界は(71年前)ここで変わった。しかしこんにち、子供たちは1日を平和に過ごすことができている。この貴重なことは守るべき価値のあることで、それは世界の全ての子どもたちに拡げることが必要だ。それこそが私達が選択することができる将来だ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
学生時代から「核なき世界」を心の中に置き、大統領就任後、2009年4月5日のプラハで演説。そしてこの日、現職アメリカ大統領として初の広島訪問。かつて、アポロが月面に降りた時、飛行士は「この一歩は1人の人間としては小さな一歩だが、人類にとっては大きな一歩」と語ったように、今回の広島訪問は画期的な歴史的なことだ。
問題は、オバマ氏の任期はあと8カ月。仮にトランプが大統領になるものなら、この反核と平和志向の道は中断されてしまう。オバマ氏にあと1期、任期があったなら、と想わないわけにいかない。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160527-00000056-jijp-pol.view-000


献花から演説1
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20160527-00000053-nnn-soci
演説2
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20160527-00000054-nnn-soci

オバマ大統領と被爆者の重 森昭さん
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160527-00000056-jijp-pol.view-000
全文(英語)
https://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=170323

実に奇々怪々な産経新聞
ネットで見る限り、オバマ大統領の広島での演説全文(和訳)で、朝日はちゃんと「71年前、明るく、雲一つない晴れ渡った朝、死が空から降り、世界が変わってしまいました。閃光(せんこう)と炎の壁が都市を破壊し、人類が自らを破滅させる手段を手にしたことを示したのです」と冒頭をキチンと報道しているのに、驚いたことに、産経は、こう開始させている。
「それほど遠くない過去に起きたことを深く考えるためにここにやって来ました」。

それは述べているが、朝日が伝えたとおりの冒頭があって、それに続く部分が、産経が「冒頭」としてアップした部分だ。
「死が降ってきた」という米国現職大統領としは、極めて踏み込んだ表現で開始した印象的なこの部分をカットして伝えるなんて、ナンセンスの極みだ。意味がない。
演説の優れた点を理解していない。産経新聞とは実に不可思議なメディアだ。
http://www.sankei.com/politics/news/160527/plt1605270066-n1.html


朝まで生テレビ~演説は好評
オバマ大統領の演説については、全員、「良かった」「感動した」という点では一致。
ただ人によっては、「プラハ演説では具体的な提言も含まれていた点に比べて理念、抽象的な面が目立ち、後退の印象」とあったが、
これについては、
「就任間もない時期のプラハと、任期が終わりに近付いている今回という違いがあるから、やむを得なかった」とする人に加え、小西克哉さんの「個人としての理想をむしろアメリカ国内(の軍拡路線者、核兵器保持拡大支持者ら)に向かって発信したのだ」との発言は印象的だった。

実際、この議論の中でも、「実際のアメリカは核兵器製造増加に関する予算を減らしていない。最近も、プラハ演説直後も、むしろ増やしている」、と多くの人が指摘、言及していた。

オバマ氏は誰よりも核兵器廃絶が難しいことを知っているから、「我々が生きている間に実現は難しいかもしれない」と言ったわけだ。

次期大統領選挙に話題が移り、トランプ氏がここまで支持を拡大してきた背景等の分析指摘が田原さんの指名で数人からあった。全員がトランプ氏に懐疑的ではあったが、それでも低レベルな過激発言だけでなく、特に最近は結構まっとうな発言もしているという事を具体例で指摘する声もあった。視聴者からもトランプがなったほうが日本の独立性を高めることら好ましいとする意見もあった。
http://www.tv-asahi.co.jp/asanama/contents/theme/0085/

追伸;司会の田原総一朗さんが、オバマ大統領について、
「献花したあと下を見、目を閉じたでしょ。あれはね、謝罪したと見ていいんだよ」との発言も印象的だった。

« 原爆慰霊碑の碑文 「過ち」をめぐる論争について考える~~オバマ大統領 広島訪問記念考察 | トップページ | 劉 薇 (リュウ ウェイ)さん ヴァイオリン リサイタル 来日30周年記念 紀尾井ホール »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック