« KITTEを含む丸の内の変貌に驚く | トップページ | 真田丸の草刈正雄さん~傑作の適役 »

2016年5月13日 (金)

舛添東京都知事~東京の行政トップの器にあらず

舛添東京都知事~東京都の行政トップの器じゃない~都庁に苦情殺到

話にならない。説明になっていない。辞任に値すると思う。

勤務における外食で自分の食事代を~仮に会社持ちとし得る要素がある場合において~個人の支払いとするか、会社等の組織における費用計上とするか、どうするかを考えないサラリーマンは1人もいない。そしてそのとき、どう処理をしたかを覚えていない人は一人もいない。
会社払いとした場合、もしキチンと経理処理しなかったなら、後で問題になるはずだ。どこの会社でも。

東大卒の都知事が認識していない、覚えていない、などあり得ない。

家族旅行、自宅近くでの飲食代、美術品の購入。

全て都の税金を原資とした経費としての処理という。
話にならない。

東大助教授を~教授にイジメられて、バカな東大と言って~辞任した後、テレビで評論家として活動したいたころはまっとうな発言していたのに。
テレビで視聴者からのツィッターが紹介され、「自分が評論家(時代)だったら、どうコメント(批判)したでしょうね」というのがあった。そのとおりだ。

やはり、権力や地位は人を腐らすのだな。
もちろん、そういう人ばかりではないし、舛添さんは批判側にいた人だから「まさか」の感はある。

なお、マスコミの世論調査によると、あの会見について都民の98%が納得していない、とのこと。
2%も納得した人がいることこそ不可解だが。

« KITTEを含む丸の内の変貌に驚く | トップページ | 真田丸の草刈正雄さん~傑作の適役 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック