« コンサートドレス~やりすぎはヒンシュク~ブニアティシビリ | トップページ | スマホに関する問題~日本人のマナーの劣化等 »

2016年5月15日 (日)

NHKスペシャル「人工知能」~驚きの連続

ロボットに関心は無かったが、研究が「感情の領域に入ってきている」のは驚き。
第一義的には早期ガンの発見等、医療に役立つこと重要と思うが、それはそれとして、報道で知っていた、世界トップと言われる韓国の囲碁棋士、イ・セドルさんとグーグル英国のデミス・ハサビス氏が開発したアルファ碁の対決が面白かった。

第1局~3局はまさかのイさんの敗戦。それはアルファ碁が繰り出した奇想天外な常識外の手にイさんが翻弄されたからだが、第4局、今度はイさんが意表を突く手を出すと、アルファ碁が暴走し始め、意味のない手を頻発し、自滅したのだ。あきらかに「コンピュータがパニックを起こしている」のが解る。
逆に言うと既にアルファ碁の知能は「感情」を獲得していると言えなくもない。

また、別のコンピュータ「Tay」が悪用され、「ナチスは正しかった」などと悪意の非常識な回答を出すようになったリスクも紹介された(これは新聞でも以前紹介されていた)。

それでも1台のロボットが積み木をするのをもう1台のロボットに見せた後、見ていたロボットに「積み木を壊せ」と命じたところ、「仲間が作ったものだから嫌だ、壊せない」と「拒否」したのも驚き。

また、羽生善治さんとの対局で負けて最初は悔しがっていたソフトバンクの「pepper君」だが、羽生さんが勝つと周りにいる研究チームメンバーが喜ぶことを「学習」し、最後には負けたときの感情指数が「嬉しい楽しい」と表していたのも面白かった。
自分が負けると皆さんが喜ぶのだ、ということを学んだのだ。

そして、中国で人気という「シャオアイス」という会話してくれるだけでなく、「相談に乗ってくれる、なんと励ましの歌まで歌ってくれる」ソフトにも心底驚いた。

信じられない様な時代になりつつあることだけは確かなようだ。

だが、フと思う。偉大なオペラや交響曲は創れるようになるのかいな?と。
創れたとき、心底評価し信用しよう。
https://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20160515

« コンサートドレス~やりすぎはヒンシュク~ブニアティシビリ | トップページ | スマホに関する問題~日本人のマナーの劣化等 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック