« GISTという珍しい腫瘍と戦う85歳まじかの父 | トップページ | 東京都知事に外遊は不要~税金のムダ使い »

2016年4月27日 (水)

衆院 補選結果について

衆院北海道5区~接戦~自民「楽勝」のはずでは?

与党候補=和田義明氏=135,842票
野党候補=池田真紀氏=123,517票

自民党の町村信孝さん死去に伴う補選。
与党は、町村さんの娘婿を候補とし、当初「楽勝」と言われていましたが。
「楽勝」どころか「辛勝(しんしょう)ですね。

市によっては野党候補が勝っている。

無党派層の68%は池田さんに投票したという。これは重要なポイントだ。


毎日新聞は、「野党共闘の出足をくじいたことになり」と書いてますが、
そんなことないでしょ。
むしろ「衝撃的な数字=僅差」のはず。

時事通信社は、「自民、公明両党は、今回の勝利、勢いを夏の参院選につなげていきたい、と、政権運営に自信を深めている」そうですが、それほどの内容(大勝)じゃないでしょ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なお、衆院 京都3区の補欠選挙は、民進党前衆院議員の泉健太氏(41)(社民党推薦)が、おおさか維新の会の森夏枝氏(34)、日本のこころを大切にする党の小野由紀子氏(37)(新党改革推薦)ら新人5人に圧勝。
6度目の当選を果たした。

同補選は、女性問題が発覚したチャラ男こと、宮崎謙介前衆院議員(自民党を離党)の議員辞職を受けて実施。
自民党は宮崎氏への批判や政権への影響を考慮して候補者を擁立せず、共産党も野党共闘の動きを踏まえて擁立を見送った。

« GISTという珍しい腫瘍と戦う85歳まじかの父 | トップページ | 東京都知事に外遊は不要~税金のムダ使い »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック