« 祝 LS北見~カーリング女子W杯で初の銀メダル | トップページ | 浅田真央さんに憧れた外国選手が主役になる時代 »

2016年3月28日 (月)

白鵬の36度目の優勝をめぐって

大相撲春場所で、白鵬が4場所ぶり36度目の優勝を遂げ、
自身の持つ史上最多優勝記録を更新した。
しかし、千秋楽での日馬富士との取組みは、立ち合いで、
白鵬は右手を前にかざして日馬富士の視界を遮り、
左へ動いて「変化」し、突進した日馬富士はそのまま土俵下に
落ち、あっけなく終わった。
白鵬も「アレッ、(土俵内で)止まってくれなかったの?」
という表情で日馬富士を見やったが、しかし、
批判的な関係者によれば、
「変化は勝つためにやったもの。相手が土俵を割ることは
 当然計算に入れていたはず」と手厳しい。

場所が東京ではなく、大阪。良くも悪くも(?)大阪のお客さん
らしく、優勝インタビューを受ける白鵬に対して厳しいヤジが
たくさん飛んだ。いわく、

「勝てば何でも(どんな手口でも)いいんか?!」
「カネ返せ!」、はては「モンゴルに帰れ!」

とまであった。

白鵬は思わず涙ぐみ、「申し訳ない」と、
勝者にして異例のコメントを発した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
決定戦だけでなく、14勝中、相当
「ケンカに近いまでの<かち上げ>」や相手が土俵を割るのが
判った段階での突き落とし等の「だめ押し」など、
「横綱らしくない、キレイとは言えない相撲」が目立った。
そのことも含めての大阪人からの怒り、ブーイングだったと
想われる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

素朴な疑問1
決め手は「突き落とし」とあるが、なぜ「変化」という表現を
使うのか?
関係者によっては、あれは「いなり」に近い、とも言う。
突き落とし、いなり、変化、などの違いを解説する記事が
あってもよさそうなのもだが、

素朴な疑問2
栃煌山戦での「かち上げ」もルール違反ではないが、
横綱が下位者にやるのは見苦しいとされる。
ならば、そうした手口を禁じることも1案ではないか?

素朴な疑問3というより、違う視点からの疑問
あの決勝戦での日馬富士や、今場所、琴奨菊も度々やらかして
いたが、突き進むだけで、前を見ていない、
つんのめって倒れ込み、自身で止まって制御できない、
そうした拙速さ稚拙な結果を露呈した日馬富士には
批判は出ないのか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで、AとBの仮想会話で問うてみよう。

A 「見苦しい、後味の悪い、大人げない勝利だった」
B 「でもルール違反ではない。勝ちは勝ちだ」
A 「横綱同士の最後の一番だ。横綱相撲を見たかった」
B 「横綱に勝負だけでなく美学を求めたい気持は理解できるが
  勝負はキレイ事だけで済まないこともある」
A 「日本人は無意識的であってもフェアな勝負が好きなのだ」
B 「もはや相撲はインターナショナルな競技。
  美学にこだわるのはいかがなものか?」
A 「ヤジは白鵬には堪(こた)えただろう。
  日本人の感情が解ったのでは」
B 「モンゴルに帰れ、はヒドイだろう」
A 「あれはヒドイ。言い過ぎだ」
B 「いずれにしても白鵬には今後の教訓として欲しい」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日経新聞の田村城記者は、
「見るも者が閉口してしまう乱暴な取り口で白星を
  重ねてきた白鵬」、と書き出し、
「かち上げ」や「だめ押し」の具体例に触れた後、
「すっかり悪役となった感のある白鵬も、優勝を争った
 稀勢の里と豪栄道との取組みではここ一番の集中力を
 発揮して正攻法で圧勝。
 さすがわ白鵬と見直される勝ちっぷりだった。
 だからこそ、優勝が懸かる一番にミソをつけ、憎まれ役に
 逆戻りしたことが惜しい」とし、
「強い横綱であることに何の疑いもないが、
 愛される横綱からは遠のいているように思える」
と結んでいる。

« 祝 LS北見~カーリング女子W杯で初の銀メダル | トップページ | 浅田真央さんに憧れた外国選手が主役になる時代 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック