« 第九~ベーレンライター版を批判する | トップページ | 大晦日のTVより »

2015年12月27日 (日)

山田和樹+横浜シンフォニエッタの第九 名演 国内の全てのアマチュア合唱団はこの東混の合唱を聴け 山田和樹さんが海外で評価される理由が解った演奏

指揮   山田和樹
管弦楽 横浜シンフォニエッタ
合唱   東京混声合唱団
ソプラノ 山田英津子
アルト  高橋由樹(東京混声合唱団)
テノール 川出康平(東京混声合唱団)
バリトン  小森輝彦


1.ベートーヴェン カンタータ「静かな海と楽しい航海」
2.ベートーヴェン 交響曲第9番

山田和樹さんが自身が創設し、音楽監督を務める
横浜シンフィニエッタと、同じく音楽監督を務める東京混声合唱団
による第九は、オケが室内管弦楽団だろうと、
いわゆる「室内オケとしての演奏」などは全く求めない、
真に音楽のことのみに取り組んだ結果としての
見事な力演、名演で、

アマチュア合唱団では為し得ない東混による
真のプロフェッショナルな合唱と言うべき名演とともに、
おそらく国内各地で演奏されている多くの第九の内容が、
オケの演奏に関しては「慣れた演奏」が多いだろうなと
想像できるのと対照的に、
この日の山田氏の指揮で生まれた第九は
 「慣れ合いとは次元の違う、新鮮で個性的な演奏」
をしたのだった。

国際的に評価されている人はやはり「違うな」と思った。
「自分はこう思う」という主張をキチンとしているのだ。
かといって、全て奇を衒う演奏をするということでは
もちろんない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
山田さんは見た目はクールだし、もちろんそういう部分も
あるのだろうけれど、想像以上に感情を出していくこと、
情感豊かに演奏することが音楽をするということだ、
ということを何のテレも気取りも無く出していく人だ。

それを最初に知ったのは、朝日カルチャー講座で
モーツァルトの交響曲に関する講座を拝聴したときだ。
彼はこういう主旨のことを言った。

 「モーツァルトを奏する場合、一般的に(あるいは
  流行として)、端正に、したがってあまり感情的でなく、
  「古典的に」演奏するのが良い、とイメージしている人が
  多いかもしれないが、僕は違うと思う。
  モーツァルトはもっと情感豊かに激しくダイナミックに
  演奏されてよいと思うんです」、

とし、実際、ピアニストに2通りの演奏~「古典的な演奏」と
「感情を込めた演奏」~をさせて、受講者に
今の問いを発したのだった。
このとき、山田氏に対するイメージは覆された。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次に彼を「体験」したのは、昨年、武蔵野合唱団の一員
として彼の指揮でスイス・ロマンド管弦楽団と
メンデルスゾーンの「讃歌」を演奏したときだ。

事前の合唱団だけの練習に数回接し、
「多くは旧知の仲間である武蔵野合唱団」に対し、
床にガクッと倒れ込むなどの大袈裟なジェスチャーで
笑わせながら、いかに情感豊かに、そして
各パートのバランスもむろん考えながら歌えるか、
ということを問うてきたリハーサルは実に楽しく
勉強になったものだ。
このときも、
「クールではなく、感情の山田和樹」
を強く実感したのだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そして、今日の第九でそれは決定的な印象となった。
後述するように、誰もやらなかったような個性的な部分も
確かにあり、それは非常に印象的だったが、
全部が全部そういうことではない。
彼が行ったことの多くは実は、全てが特別に個性的と
いうのではなく、
「本来はそうすべき、そうしたほうが効果的、
 そうすると音楽的、そうすると陳腐でも当たり前でも
 常識的でもない第九の演奏」
をやってのけた、ということだ。

逆に言うと、如何に多くの日本人指揮者が(いや外人指揮者
も含めて昨今は)「ごく普通の、プロとして当たり前の常識的、
教科書的演奏」をしているか、の裏返しでもある。

以下、具体的に彼がしたことを~むろん全部ではないが
~書いてみよう。

なお、ソリストと合唱についてはその後に書く。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 第1楽章

①比較的に速めのテンポであっても、
 最初のフォルティッシモのトゥッティに入る瞬間、
 32分休符をやや長い呼吸として溜めてから入る。
 すなわち、ここの瞬間だけはそれまでのテンポと
  「違う時間」を創り、それによりまずここでドラマが
 1つ生じる。

②266小節からのクレッシェンドをキチンとやる
 (足りない演奏、やらない指揮者が多すぎる)。

③301小節からのフォルティッシモはそれこそ本気の
 命がけの演奏、激しい感情の吐露としてオケも指揮者も
 大きな身振りで奏していく(そうしない、
 激情を出さない「常識的なフォルテ」の範囲での
 演奏が多すぎる)。

④513小節からのコーダに入るとき、大きな間を創った。
 大きな驚き。
 ここは私も間を置いたほうが良いと思うし、
 そうしない指揮者がほとんどだし、
 フルトヴェングラーでさえ、ここではそれほどの間を
 置かないが、山田氏は、それこそ完全に止め、
 3秒くらいの間を置いてから513小節をスタートさせた。
 これはあと1秒長かったら、
 逆に音楽としては死んでしまうかもしれない、という、
 そのギリギリでの設定で、
 この部分はとても個性的で驚いたが、大いに支持する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 第2楽章

この楽章は良い意味で模範的にして常にエネルギッシュに
奏された。
最後の1音をメゾフォルテのように柔らかく止めて終わった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 第3楽章

この楽章は室内管弦楽団だとどうしても速めのテンポを
とりがちになるが、山田氏はそんな「常識」はとらない。
たっぷりとじっくりと丁寧に音を紡いでいく。

①13小節アウフタクトから14小節は聞こえんばかりの
 ピアニッシモが印象的。

②新しい変奏や曲想に移るときの変化が良く、
 これは女性コンマスのセンスの良さもあったと思う。

③98小節のピッチカートのクレッシェンドもとても良く、
 これをやらない(足りない)演奏が多い中、
 彼は4拍目ではフルトヴェングラーがやったくらい
 フォルテを創ってから、99小節の8分の12拍子の
 音楽に入っていった。

④133小節から136小節間のセカンド・ヴァイオリンも
 ピアニッシモではなく、メゾフォルテくらいにして
 しっかり音を聴衆に聞かせて(届けて)いた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 第4楽章

入りが典型的だったが、フレーズの最初はこまめに振るが、
あとは敢えて大きな身振りで、奏者に演奏を委ねていく。
この楽章は合唱に対しても常にそうで、そうした全体の
音楽のイメージを奏者に与え、
細部は奏者に委ねるという姿勢に徹していた。

①低弦によるレスタティーヴォは(ありがちな
 スローテンポではなく)インテンポで進んでいく。
 ベートーヴェンは実際に「インテンポで」と書いているが、
 実際にそうしているのはフルトヴェングラーくらいしかいない。

②92小節からの低弦により歓喜のテーマに入る直前は
 しっかり間をとった。ここではフルトヴェングラーほどでは
 ないが、最近の指揮者はほとんどそうしないで、
 すぐにテーマに入る演奏が多い分、
 際立つと言えるほど、比較的長い「間」で、大賛成だ。

③「alla Marcia」の手前、330小節の「Gott」での
 ティンパニは少し音量を控えた程度で
 ほぼフォルティッシモのまま。
 ここは東混の指揮者としてオーディションに来た山田氏を
 認めた岩城宏之さんの影響があるかもしれない。

④843小節からのコーダの入りは、徐々にテンポを
 速めていくところが絶妙。

⑤917小節からの弦の誘導部分は、室内オケとは
 思えないほど雄大なフレージングを奏していた。
 それができるオケが素晴らしい。

⑥コーダでも、928小節からのフォルテと、
 932小節からのフォルティッシモの違いをはっきりと強調。
 もちろんさすがにそれをちゃんとやる指揮者は多いが、
 ここまでやっているかどうかは疑問、と思えるほど、
 それこそフォルティッシモからはオケ団員が
 皆倒れ込むのではと思うほどの音の全開を求め
 奏された。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前後するが、演奏に先立ち、主催者側の希望により、
山田氏が少しスピーチをした。
その中で、第九の指揮はここ4~5年ほど敢えて
封印してきた旨の発言があったのだが、
 「それだけのことはある演奏」だったと言えよう。

毎年たくさん振る指揮者を私は批判はしないが
 (この点も山田氏は同様に言及した)、やはり
どんなに立派な精神と経験のある人でも
「全部が全部神々しい演 奏」というわけには
いかないだろうと想像するし、

実際、私が聴いた昨年の3つ、今年の2つは、
指揮者とオケに関してはやはり
 「常識的な普通の演奏」に留まる演奏だったと
言える。

こうした「リスク」を山田氏は自ら避ける意味でも
 「封印」したのだろうし、そうだとしたら、
この偉大な作品に対する謙虚な姿勢として、
その点においてもとても立派なスタンスだと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
なお、山田氏の合唱に対するこれまでのスタンスや、
会場の状況を含む種々の要素から「当然」だと思うが、
4人のソリストによる四重唱後も、4人は合唱パートを
合唱団といっしょに歌い、演奏が終わったのだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東京混声合唱団
素晴らしい第九の合唱。わずか30名ほどの団員で、
100人のアマ合唱団に負けない声が客席に
届けられる。
もちろん、室内オケということもあるが、
それでもこれだけ正確で美しいドイツ語の発音と、
信じ難いほどの声量による合唱は見事。

終演後、ソロも務めた川出さんに私は、
 「全てのアマチュア合唱団は、今日の東混の
  合唱の演奏を聴くべき。
  全てのアマチュア合唱団はこの東混の演奏を
  「爪の垢を煎じて<聴け、歌え>と言いたいですね」
 と言い、川出さんを笑わせたが、
 冗談ではなく本当にそう思った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ソリスト
皆さん良かったが、この日は、東混の団員である
高橋由樹さんのよるアルトソロと川出康平さん
によるテノールパートソロを褒めるべきだろう。

川出さんはピュアな美しい声で、純粋に音楽的に
素晴らしい歌唱だった。
欲を言えばもう少し声量があれば良かったが、
トーンの美しさと音程の正確等、申し分ない。
素晴らしい歌唱だった。

高橋由樹さんのアルトは、もうこれはプロソロ歌手
として他の団でも歌える、というレベル。
声のコク、トーンの深みと正確な音程。
「合唱団員によるアルト」というレベルではもはやない。
実に見事で、正直、
ここまで立派な演奏をできるメゾ、アルトは
それほど多くないのでは?と想うほどだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なお、前後するが、この狛江エコルマホールで行われた
演奏会は、エコルマホール開館20周年記念企画の
 「ベートーヴェンをたたえて」のシリーズその3とのこと。

第九の前に「静かな海と航海」が演奏された。
オケも東混も申し分ないが、ホールの響きがデッドで、
第九が懸念されたが、なぜか第九ではそれを感じなかった。
曲想の違いでの東混のパワーの発揮度が
自ずと違ったというとろだろう。

先述にとおり、始まる前、シリーズの1と2では、
出演者による演奏前のトークがあったそうで、
山田氏は
 「おしゃべりするつもりは無かったが、前の人
  (第1回と第2回で)がトークをしたとのことで」として、
①東混との共演について、日本ではプロオケと
プロ合唱団による第九はめったにない。
  日本ではたくさん12月に演奏されるが、
  世界では稀な現象。
②フォーレのレクイエムや、ブラームスのドイツレクイエム
  などは、合唱をやっている人でないと歌えないという
  認識がアマチュアにもあるけれど、
  合唱をやったことが無い人でも
  「第九だと歌える、って思ったんでしょうか、
   日本ではあちこちに第九を歌う会などの合唱団が
   あります」
  と会場を笑わせていた。
  特別、皮肉を込めて、ということでもなかったが、
  氏のいわんとするところはもっともな事だ。

終演後は、サイン会で山田氏と話した。
昨年、武蔵野合唱団の一員として、
スイス・ロマンド管弦楽団とメンデルスゾーンの「讃歌」を
歌わせていただいたこともあったので、挨拶を兼ねて。

« 第九~ベーレンライター版を批判する | トップページ | 大晦日のTVより »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック