« 再度、羽生結弦選手が驚異的な演技を披露   グランプリ・ファイナル | トップページ | 再度、夫婦別姓問題について~2つのケースから考える »

2015年12月16日 (水)

夫婦別姓問題について

100年以上前、明治時代に家族のあり方を定めた民法の
規定について、最高裁大法廷で2つの判断が示された。

  「家族のあり方」をめぐる、その1つは、
「夫 婦は夫か妻どちらかの姓を名乗る」と定めた民法の
 規定は、「人格権や結婚の自由の侵害にあたる」
として、“夫婦別姓”を求める男女5人の原告の主張に
対して、~1審と2審では原告側の訴えが退けられて
いたが~最高裁が示した判断も「憲法に違反しない」
というものだった。

最高裁大法廷は、夫 婦同姓が社会に定着していること、
家族の名字を1つとすることに合理性があるとしたうえで、
「姓を変えることによるアイデンティ ティーの喪失は
 通称の使用などで補える」などと指摘した。

ただ、裁判官15人のうち、
違憲だと判断した裁判官は5人いて、
3人の女性裁判官全員が「違 憲」と判断した。

具体的には、
「夫婦同姓に例外を設けないことは、自己喪失感といった
 負担を負うこととなる」
「変更前の姓の人物と別人と思われかねない。
 重大な利益侵害である」
などというもの。

女性の6か月間の再婚禁止に関する規定については、
国会での法改正が迫られることになる。

一方、夫婦同姓の規定については、最高裁は
 「国会の裁量に任されている」とした。


 「裁判官の判断の内訳」

最高裁大法廷、15人の裁判官だが、10人が合憲という判断。
先述のとおり、5人が違憲だが、
3人の女性裁判官は、いずれも違憲という判断だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

民法の「女性の再婚禁止期間」を定めた規定と
「夫婦は同姓」と定めた規定が、それぞれ憲法に
違反するかが争われた裁判で、

 最高裁大法廷は
「女性の再婚禁止期間」を定めた規定は憲法違反とし、
 「夫婦は同姓」とする規定は憲法に違反しない」
と判断した。

 「女性の再婚禁止期間」については別途書く。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

世代論ではないにしても
最高裁で夫婦同姓の定めは違憲ではないとした裁判官は
全員男性。その年齢は上は69歳から下は63歳。
これが皆40代だったら、随分と違う結果になったようにも
想える。

「夫婦別姓の問題は難しい~けれど、
 両立選択の自由はあってよいと思う」

 民法第750条
「夫婦は、婚姻の際に定めるところに従い、
 夫または妻の氏を称する」

いわゆる夫婦別姓問題だ。
賛否両論あり、難しい問題だと思うが、多くの欧米各国のように、
別姓で生きることも選べるようにすべきだろうな、と思う。

少なくとも、反対派が言うところの、
「家族としての一体感、連帯感が薄れる」というのは、
あまりにも一時代前の家族社会性を強調し過ぎていると思うし、
いわんや、「夫婦別姓は離婚増加の原因になる。

子供が非行化する原因になる」とか言われると、
これはもう「被害妄想的な、低レベルな言いがかり」
としか言い様 がなくなる。

問題があるとすると、子供の困惑はあるだろうな、
ということと~子供からしたら<大人の勝手>に過ぎない
ことだろうから~「社会がついていっていない」、
という点だろう。

 夫婦同姓は進歩的社会制度とは言えない

明治時代半ばまで、日本は夫婦別姓の国だった。
もっとさかのぼってみよう。
足利義政の妻は日野富子。源頼朝の妻は北条政子 etc.

夫婦同姓はむしろ後退的な便宜主義的制度に過ぎない
とも言えなくはない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「高市早苗氏の言う「通称姓」と、自身の対応について」

  私が嫌いな高市早苗氏はこう言う。

「夫婦親子同姓という戸籍上のファミリーネームは堅持
 した上で、『民法および戸籍法の一部改正法案』を
 提出して、仕事場での通称使用の利便性を高めよう」

すなわち、「戸籍上は(これまでどおり)どちらかの姓を選び、
「通称」がもっと社会的に法的に認められるべき」とする案は
1つの提言としては面白 い。

「戸籍上はこれまでどおり2人どちらかの同姓を選択すべき
 (別々の存在は反対)だが、通称としての別の姓名で、
会社や役所での公的な認知がなされるよう、
民法を変えると良い」

とする意見は理解できるし、賛否割れる状況においては、
案外、一番実現可能性のある、説得力を持つ意見(案)
かもしれない。

実際、高市早苗氏は、結婚して山本姓なのだが、
公にも高市姓で通している。
「通称」の高市姓で名乗っている、というが、しかし、
「それって、結局、別姓でいい、ってことですよね」
とも言えるし、
「通称って何だよ?」という疑問は拭えない。

それって、結局、「別姓でいいんですよね?」、
「高市さん、あなたも別姓の利点を好ましく思っている
 んですよね」
という嫌味を高市氏に言うことも簡単なのだ。

たぶん彼女は本音では別姓の便利さ、合理性、
効率性を享受し賛成しているのだろうが、
「日本国民として別姓の両者存在を認め難く、
 あくまでも戸籍上は夫婦同姓であるべき」、という
思いとの間で、彼女自身も忸怩たる思いなのでは?
と想像する。別に同情はしないが。

通称姓を認めるかどうかもハッキリしたようがよい。

高市早苗氏が山本姓で政治活動しないのは
やはりおかしい、ズルイと思う。

多くのアーティストが結婚後も「おおやけ」では旧姓のまま
なのは、
「それまで結婚前の、生まれたときの名で知られているし、
 それでやってきたし、これからもそうしたい」
とするのは自然な感情だし、政治家もそうなのだろう。

じゃ、通称姓の問題も一度キチンと議論されてよいと思う。
まあ、多くの人は「触れない で」なのだろうが。
 (それも解ります)

通称で通すのも結構だが、結婚前まで馴染み、
あるいはその名で仕事をし、友人を得、成功してきた
「あなたの姓名」なのに、「法的にはあくまでも
非公式な<通称>に過ぎませんよ、というのも、
なんとも失礼で非礼な、薄情な指摘になる。

ならば、「別姓を選ぶことができる」でよいではないか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「事例;IT企業「サイボウズ」の社長、青野慶久さんのケース」

IT企業「サイボウズ」の社長、青野慶久さん(44)は
「名前の変更は経済的損失にもつながる」と語り、
判決を機に、別姓も選べるようになってほしいと期待を寄せる。

青野さんは2001年に結婚する際、妻から
「私は姓を変えたくない」と言われた。その時、
 妻の姓を選ぶ夫婦は全体の2〜4%程度であることを
 知り、チャレンジ精神旺盛な青野さんは
「他人と違う選択をするのは面白そう」と、
妻の名字の方に改姓した。

仕事では旧姓の「青野」を使い続けた。
しかし会社を起こした時は結婚前だったため、
戸籍名での登録が必要な商業登記など、
公的な書類は書き換えなければならず、
株式の名義変更には数百万円かかった。

また、青野さんは
「ビジネスにおいて名前はブランド。変えると、
 今まで積み上げてきたものをリセットしなければ
 ならず、経済的にも損失だ」
と訴える。

結婚 で改姓することの多い女性の社長や役員は、
特に名前の表記で困っているのではないかと
おもんばかり、女性の活躍推進のためにも別姓の選択肢は
必要だと言 う。

一方、プライベートでは戸籍名を使い、仕事の時と家に
いる時で名前を使い分けているが、長男(5)は
「パパは外では青野」と理解してくれている。

青野さんは「夫婦同姓は、古い価値観を変えられない
日本社会の象徴だ。同姓と別姓のどちらが良いか
ではなく、一つの価値観を押しつけない、
多様性を認める社会に変わってほしい」と訴えている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 「新聞による世論調査結果」

毎日新聞は5、6両日、全国世論調査を実施した。
結婚しても夫婦が別の名字を名乗る「夫婦別姓」を
選択できるようにすることに「賛成」との回答は51%で、
「反対」の36%を上回った。

ただ、選択的夫婦別姓が認められた場合も、
「夫婦で同じ名字」を選ぶと考えている人は 73%に上り、
 「夫婦で別々の名字」は13%にとどまった。

調査結果からは、選択的夫婦別姓の導入と、
実際に自分が別姓にすることとを分けて考える傾向が
鮮明になった。

選択的夫婦別姓に関しては、2009年12月調査でも
同じ質問をし、「賛成」50%、「反対」42%だった。

このときは男性で賛否が拮抗(きっこう)したが、
今回は男性でも賛成が反対を上回った。

選択的夫婦別姓に賛成する層の70%は
「夫婦で同じ名字」を選ぶと答え、全体と大きな差は
なかった。
「夫婦で別々の名字」は23%で、全体より高かった。

最高裁による「夫婦別姓を認めない民法のさだめは合憲」
としたこと自体より、私は世論調査がとても正直な感情を
みてとれて興味深い。
ほとんどどのアンケートでも同じ(似た)回答結果となる。

すなわち、「同姓か?別姓か?」について
いろいろな考えの人がいる現代なのだから、
同姓限定ではなく、別姓も選べるとする選択制が良い、
とする回答は6割~7割くらいになり、
同姓にこだわる人は3割程度と少数に限定される。

 「では、あなたはどうする?」

けれど、「では、あなたは別姓を選びますか?同姓としますか?
  (夫姓、妻姓かは問わず)」と問われると、

 7割~8割くらいの人が「同姓をとる」としているのだ。

これが集約的なメジャー意見と言えるだろうし、ある意味、
健全というか、
「他者はいろいろあってよい。でも自分は旧来どおりで
 いいや」
としている点が現状多数派というところだ。

でも、「夫の姓」が圧倒的多数って健全かよ?
という疑問は残るが。

いずれにしても、
「日本人たるもの、同姓~それも夫の姓の~に限定すべき」
とするのは、そろそろ時代遅れ、とも言えると思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なお、菅義偉官房長官は16日の記者会見で、
最高裁が夫婦別姓を認めない民法の規定を合憲と判断
したことを受け、法務省の法制審議会が答申した
選択的夫婦別姓制度の導入について
「慎重に対応していくことが大事だ」と述べた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「以下のURLは、夫婦別姓に反対する人の典型的意見のURL」
こ れを書いている人には同意しないし、特に、文中、
反対理由~第3章「別姓導入で何が起こるか」として挙げている
「①事実婚が増加し、結婚制度が否定される、
 ②離婚の急増によって、子供が被害者になる、
 ③老人介護や祖先の祭祀がおろそかになる」、
としている点は、ただただ大いに笑っちゃうけれど、
「これが 反対者の典型的意見なのだろうな」
と参考になるので、一応アップします。
http://www.ab.auone-net.jp/~khosoau/opinion03b.htm

« 再度、羽生結弦選手が驚異的な演技を披露   グランプリ・ファイナル | トップページ | 再度、夫婦別姓問題について~2つのケースから考える »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック