2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Amazon CD

  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
無料ブログはココログ

« 天皇誕生日~誠実なお言葉に感動 | トップページ | 第九~ベーレンライター版を批判する »

2015年12月24日 (木)

音楽ビアプラザ クリスマスコンサート楽しいひととき 杣友惠子さんの歌声を堪能

銀座ビアプラザは菊地美奈さんの誕生祝いを兼ねた
「涙そうそうコンサート」以外はあまり行ってないが、
この日は楽しいひとときを求めて、しかも、美奈さんだけでなく、
以前から強い関心を持ってきた杣友惠子さんも出演、
ということで楽しみにしていた。

出演者

ソプラノ~菊地美奈さん、富田沙緒里さん

メゾ・ソプラノ~杣友惠子さん

バス~河野鉄平さん

フルート~篠原梨恵さん

ピアノ~山本有紗さん

第1ステージ
きよしこの夜、Have Yourself、バッハ=グノーのアヴェ・マリア、
もみの木
 杣友惠子さんほか

金平糖の踊り(くるみ割り人形より)…フルートソロ=篠原梨恵さん

フフマン物語より「舟歌」…菊地美奈さん&杣友惠子さん

メサイアよりハレルヤ…全員


第2ステージ

クリスマスソング・メドレー、お祝いコーナー

熱き口づけ(ジュディッタより)…菊地美奈さん

あなたの声に私の心は開く(サムソンとデリラより)
  …杣友惠子さん

White Christmas、聖者の行進…河野鉄平さん

ホフマン物語より「生け垣に鳥達が」(オランピアのアリア)
 …富田沙緒里さん

 同 「母の声をお聞き」…菊地美奈さん

第3ステージ
讃美歌、キャンドルサービス
「ラクメ」より花の二重唱…菊地美奈さん&杣友惠子さん

「ポーギーとベス」より「ベス、お前は俺の女だ」…河野鉄平さん

白い恋人たち…フルートソロ=篠原梨恵さん

ヴォカリーズ…富田沙緒里さん

シューベルトのアヴェ・マリア…菊地美奈さん

亡き王女のためのパヴァーヌ…ピアノソロ=山本有紗さん

「アナと雪の王女」より「Let it go」…河野鉄平さん

聖なる都…杣友惠子さん

「メリー・ウィドウ」よりワルツ…全員

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<ファンとのひととき>
この日も会場全員で歌うだけでなく、誕生日の人を祝うコーナー
も設定され、来場者は互いに直接は存じ上げない方4人を
みんなで、この日この場で祝う、という素敵な設定で、
こういうところが銀座ビアプラの、
菊地美奈さんの企画の素敵なところだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<歌声ももちろん>
菊地美奈さんによる「熱きくちづけ」、
シューベルトの「アヴェ・マリア」も素晴らしかったが、
特に「ホフマン物語」から「母の声をおきき」は感動。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
若くアイドル的可愛らしさの富田沙緒里さんは
オリンピアのアリア「生垣に鳥たちが」も良かったが、
特に私はラフマニノフのヴォカリーズに感心した。
しっとり感と正確性のバランスが見事で、この曲の難しさを
さりげなくクリアし冷静に落ち着いて歌っていた。
ルックスの可愛らしさを含めて今後が楽しみな人。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

杣友恵子さんを初めて聴いたのは、震災直前2011年の
年明け早々の恒例の三越本店ロビーでのミニオペラでの
ケルビーノだった。 その後は玉川高島屋オペラ「カルメン」等
いくつかのシーンを拝見したし、特に今年2月の「リゴレット」で
のチェプラーノ伯爵夫人については、ブログで
 「気品ある美しさは尋常でない」
と書いたほどだ。

以前からもっともっと聴きたいと思っていた歌手。
今日、やっと杣友さんの歌声を聴けた。
それもステージに一番近い席で。
大好きな「あなたの声に私の心は開く」では感涙したし、
ソロのトリで歌われた「聖なる都」も、しっとり感がステキ
だった。

終演後は、チェプラーノ伯爵夫人のことを含めて、
やっとお話しできて楽しかった。
今後も杣友さんの歌声をたくさん聴きたい。
素敵なステージ姿をたくさん拝見したい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

バスの河野鉄平さんは初めて聴かせていただいた。
重唱、ソロ含めて良かったし、意外性では「Let it go」が
迫力ある歌唱で面白かった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フルートやピッコロ、オカリナを篠原梨恵さんが
素敵に吹きわけて楽しかった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ピアノ伴奏は山本有沙さんもソロで2曲弾き、
特にラヴェルの「亡き王女のためのパヴァーヌ」は
素晴らしかった。大好きな曲。
これまで4つのオケで合計5回演奏したことがあるが、
ピアノ演奏はやはり素敵だ。
終演後、山本さんと話した時、「オケの演奏、良いですよね」
というので、私は「むしろ、ピアノソロのほうが、切なさと抒情
とそれを奏でる和音が直に聞こえてくるかもしれません」
と応えたくらい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私はクリスマスがどう、ということで賑やかに過ごすタイプでは
実はないけれど、素敵な歌手と奏者によるこのような
素敵な企画と演奏という内容の賑やかな会なら、
今後も何度でも聴きたい、そういうひとときだった。

« 天皇誕生日~誠実なお言葉に感動 | トップページ | 第九~ベーレンライター版を批判する »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック