« 本田美奈子さんを偲ぶ友人たちは素敵 | トップページ | 武蔵野合唱団 創立60周年記念 第48回定期演奏会 »

2015年11月 7日 (土)

中央フィルハーモニア管弦楽団 第70回定演  素晴らしかったマーラーの交響曲第1番

中央フィルハーモニア管弦楽団 第70回定演
 ~創立50周年記念

素晴らしかったマーラーの1番。

もはやこの曲はアマオケでも古典だ。

すみだトリフォニーホール

指揮 鈴木織衛(おりえ)


1.ベートーヴェン ピアノ、ヴァイオリン、チェロのための協奏曲
      ピアノ&指揮=鈴木織衛
      ヴァイオリン=二宮 純
      チェロ=宮澤 等

 (休憩)

2.マーラー 交響曲 第1番


何のきっかけだったか覚えてないのだが、
数年前から~都合がつく日時の回の~中央フィルの演奏会に
行くようになった。
今でこそ別のオケを通じて知り合いになったホルニストが
同オケにいるが、それ以前に特に知人友人がいたわけでも
ないから、きっと演目が気に入るなど、キッカケは、
いわば気まぐれで聴かせていただくようになったのだと思う。

そして、中央フィルの演奏会に行くと、毎回、
なぜかホッとするような、アットホーム感を覚えるのが不思議で、
とりたてて、例えば都内ベスト3に入るオケとか、
そういうわけでもないのに、今では私にとって
「都合がつけばぜひ聴いてみたいオケの1つ」になっている。

今回は50周年記念ということで、プログラムも今回の指揮者や
ソリストのほか2人の団員が寄稿しているが、その中に、

 「とにかく仲が良いオケ。ツンツンしているアマアオケも
  あるが中央フィルは違う」

という会話がなされているのを読み、その雰囲気が
これまでの演奏会に確実に出ていることを
 ~内情を知らない私でも~感じとっていた事に
あらためて合点がいった次第だ。


もっとも、2年前のドボルザーク8番他の演奏会のとき(以前)は、
先述のとおり、ヘタではないが、特別なレベルの高さを
感じたわけではなかったので、今回、マーラーの第1交響曲を
やると聞き、大いに関心と応援の心情が湧いていたいっぽう、
正直、「大丈夫かなあ~」という危惧も皆無では無かったことを
正直に述べておこう。

そして結果はどうだったか~

想像を遥かに超えた素晴らしい演奏だった。
もちろん、要所々々に~例えば、ヴィオラパートには
N響ヴィオラ奏者でアマオケの指揮もされる御法川雄矢さんが
参加されていたり等、プロも数名助っ人参加はあるものの、
基本的は当然 正団員が中心であり、木管も金管も
各パートのトップ奏者はほぼ破たんなく、立派な演奏を
されていたし、各楽章速めのテンポの中、
アンサンブルとしても極めて完成度が高い仕上がりを提示
した演奏となったのだった。

演奏後にかつてないほど盛大な拍手と歓声が続いたことは
言うまでもない。

正直、失礼ながら、ここまで高いレベルで演奏するとは
思わなかった。 
プログラムには、2年前のラフマニノフの第2交響曲を
やったときから、「中央フィルは変わった」と対談で出てくる
ので、自分がドボルザークを聴いた次の回から、
「大変貌を遂げた」ようだ。とても素晴らしい飛躍だ。

ちなみに、私がこの曲を初めてオケで弾いたのは
今から30年以上前の1981年だが、あの頃は
 ~個人的に私自身がヘタなヴァイオリン奏者だった
   ということを横に置いても~
まだまだアマオケで、マーラーの1番をやることは
結構大変な時代だったと思う。

昨今では、5番を高いレベルでやれるアマオケが増えてきて
いるが、あの頃は他団も含めて、全体的には未だ
そこまでは到達していな時代だったと思う。

そのことを思えば、中央フィル自体の大躍進、
レベルアップを祝いたいということに留まらず、
アマオケ全体にとっても、マーラーの、
少なくとも第1交響曲はもはや「古典」、
スタンダードナンバーとして演奏できる時代になったのだな、
という感慨を覚える、


なお、プログラムの前半は、
ベートーヴェンの三重協奏曲という、アマオケはまずやらない、
プロでも演目に乗るのは結構珍しい曲が演奏されたのも、
とても良い選曲アイデアだったと思うし、
指揮者=鈴木織衛さんのピアノ、
ヴァイオリンとチェロも普段からトレーナーとして指導している
二宮純さん、宮澤等さんという気心の知れたソリストに
よるものなのが、中央フィルらしかったし、
演奏も宮澤さんのダイナミックンなチェロと、
音量はやや小さいながら完璧な音程で律義に弾かれた
二宮さんのヴァイオリン演奏等、とても良い演奏だった。

なお、その二宮さんと宮澤さんは、当然の如く、
後半のマーラーの演奏にも1奏者として、
それぞれのパートの後ろのほうに座って演奏されていた。

満員のすみだトリフォニーホールを沸かせた記念すべき
50周年にふさわしい、素晴らしい演奏会となったことを
心から祝したい。

« 本田美奈子さんを偲ぶ友人たちは素敵 | トップページ | 武蔵野合唱団 創立60周年記念 第48回定期演奏会 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック