« 安保法案~可決になっていない特別委員会 | トップページ | 山根一仁さんのシベリウス協奏曲はガッカリの演奏 »

2015年9月18日 (金)

池田大作さんのかつての言葉と今

池田大作さんのかつての言葉が次のものだ。

「21世紀への平和路線」(1979年)~「池田大作全集」より

<憲法を守ることは国として当然のことであるが、
 戦後の保守政権の在り方をみると、随所に憲法からの
 逸脱がみられる。
 特に最近の「有事立法」問題をめぐっての論議などは、
 平和憲法そのものを形骸化させかねない危険な動向が
 察知され、厳重な警戒を怠ってはならないと思う>

池田氏はどうやら、この過去の自分の言葉を忘れて
しまっているようだ。
あるいは、権力側に立ったゆえ、
  「転向した」、ということか?
今や何を考えているのか、ぜひお尋ねしたいものだ。

« 安保法案~可決になっていない特別委員会 | トップページ | 山根一仁さんのシベリウス協奏曲はガッカリの演奏 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック