2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Amazon CD

  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
無料ブログはココログ

« 安倍首相の70年談話~妥協の産物で新味の無い凡作~自分に高いハードルを設定したアベちゃん~ | トップページ | 世の中は不可解、不思議な事に満ちている »

2015年8月15日 (土)

天皇陛下のお言葉

天皇陛下は、70年目を迎えた15日の全国戦没者追悼式
におけるお言葉の中で「深い反省」という表現をされた。
式典においては初めて言及だ。

それだけではない。
 「平和の存続を切望する国民の意識に支えられ
  (~平和と繁栄を築いた)」
という部分の言及は意味深い。

これは、私が解釈すれば、明らかに現在進行中の
安保法案に対する懸念表明ととれる。

少なくともそう解釈できる言い回しだし、
平和への希求信条をこれまで度々公表されてきた陛下だから
 「安保法案への懸念」というものは
私の勝手な解釈ではなく、大いに有り得ることだと想う。


 では以下全文です。

「戦没者を追悼し平和を祈念する日」に当たり、
 全国戦没者追悼式に臨み、さきの大戦において、
 かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い、
 深い悲しみを新たにいたします。

 終戦以来既に70年、戦争による荒廃からの復興、
 発展に向け払われた国民のたゆみない努力と、
 平和の存続を切望する国民の意識に支えられ、
 我が国は今日 の平和と繁栄を築いてきました。

 戦後という、この長い期間における国民の尊い歩みに
 思いを致すとき、感慨は誠に尽きることがありません。

 ここに過去を顧み、さきの大戦に対する深い反省と共に、
 今後、戦争の惨禍が再び繰り返されぬことを切に願い、
 全国民と共に、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、
 心からなる追悼の意を表し、
 世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります」

« 安倍首相の70年談話~妥協の産物で新味の無い凡作~自分に高いハードルを設定したアベちゃん~ | トップページ | 世の中は不可解、不思議な事に満ちている »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック