2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Amazon CD

  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
無料ブログはココログ

« 小林沙羅さんリサイタル~圧巻だった「舞」 | トップページ | 画期的なデモ~市民運動最大の盛り上がり »

2015年8月29日 (土)

イル・デーヴ サマー・コンサート鎌倉芸術館   イル・デーヴを聴くという愉悦

CDリリース記念のライブをHAKUJUで聴いて以来、
久々にイル・デーヴを満員の鎌倉芸術館
 (収容人数=1500人。大船駅徒歩約8分)で聴いた。

イル・デーヴがこれまで行った公演の中で
最大のホールということだが、相変わらず凄い人気。

HAKUJU以降も何度でもライブを体験したいと思いながら、
自分の都合が悪かったり、よくても瞬時に売り切れて
ゲットできないという回が続いたので、
やっと直接聴くことができた。

河原さんの美しいアレンジによる「故郷」のイントロで開始し、
まず前半は、4人がそれぞれ山田耕筰の歌曲をソロで
歌い、次いで「愛の妙薬」からソロアリアと二重唱が
歌われた。

歌曲ではあらためて4人のトーンの違いや個性を確認
できたし、オペラアリアでは迫力満点の正に第一線で
活躍されている皆さんの実力全開のステージで
とても素晴らしかった。

もちろん、イル・デーヴだから河原さんを含めて要所々々
ではユーモアある演出が加えられている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

休憩後は、「イル・デーヴ」のステージ。
4人は前半のオペラとは全く異なる世界を提示する。

すなわち個々の派手さは抑えて、
アンサンブル重唱に徹するのだ。

その端然とした美しさは前半の迫力にも勝るとも劣らず
魅力的だ。
 「しっとり感」を常に感じる。
カッチーニ然り、「ニグラ・スム」然り、「Lily and Rose」然り。
「朧月夜」ではピアノのアレンジが絶妙だったし、
「さびしいカシの木」の抒情性は胸に響く。

「涙そうそう」のアレンジもとても美しく、
最後の「ピエ・イエズ」の清らかさに感動する。

万雷の拍手に応えてのアンコールは「いのちの歌」。
偶然にもつい先日、本郷で児玉興隆さんがやはり
アンコールで歌った曲だ。
今の時代、時局が必然的に歌われる曲なのだろうか?
不思議な感動を覚えた。


猛暑がウソのように去り、ステージ上の4人、
いや河原さんを含めて5人が気のせいか?少しスリムに
見えた。
ちょうどそれは秋の気配を密かにいや十分に感じさせて
くれる爽やかさに通じた後半の四重唱の「しっとり感」、
爽やかさ、秘めた優しさ、秘めた哀愁感、
秘めた思いに似合っていた。

イル・デーヴを聴くたびに無上の喜びと幸福感を覚える。
イル・デーヴを聴く事は何にも増して愉悦そのものだ。

それぞれ第一線で活躍する歌手が集い、
ユニットとして歌う、これ以上贅沢なことがあるだろうか?


思うに、実は日本には無意識的に男声四重唱を聴く土壌は
できていた、と言える。
ダーク・ダックス、ボニー・ジャックス、デュークエイセス。
かれらも素晴らしかったし、1人ひとりも巧かったが、
さすがにオペラ歌手の個人的力量は問えない。
この点でも、イル・デーヴの結成=誕生、活動は格別だ。

少し大袈裟に言うと、イル・デーヴの存在は、
私には1つの奇跡のように想える。
この存在感、爽やかさ、充実感は例えようも無いものだ。

イル・デーヴを聴くという事は格別に贅沢な時間だ。
イル・デーヴを聴く事は愉悦そのものなのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
なお、イル・デーヴのセカンド・アルバム「NUKUMORI」が
リリースされるという。楽しみだ。
http://ameblo.jp/devudivo/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 プログラムは以下のとおり

<前半>~ソロ、二重唱 前半のMCは河原さんが行う
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ピアノイントロ~故郷~河原忠之

1.山田耕筰作曲 詩=北原白秋

 からたちの花……………望月哲也
 かきつばた………………大槻孝志
 松島音頭…………………青山 貴
 かやの木山の……………山下浩司

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2.ドンゼッティ 歌劇「愛の妙薬」より
 序曲…………………………………河原さん
 なんとかわいい人だ………………大槻さん
 昔パリスがしたように……………青山さん
 さあ皆の衆、聞いた、聞いた……山下さん
 人知れぬ涙…………………………望月さん
 これだ、世にも珍しい薬とは……大槻さん&山下さん
 20スクードで…………………… 望月さん&青山さん
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 (休憩)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<後半>~イル・デーヴ=男声四重唱

 MC=山下さん

1.シューベルト シルビアに

2.カッチーニ アマリッリ、私の美しい人

3.カザルス  ニグラ・スム

MC=望月さん

4.チルコット Lily and Rose

5.朧月夜
  ~作曲=岡野貞一 詩=高野辰之
        編曲=チルコット

6.ダニー・ボーイ~アイルランド民謡

MC=青山さん

7.ロマンチストの豚~作曲=木下牧子
              詩=やなせたかし

8.さびしいカシの木~作曲=木下牧子
              詩=やなせたかし

MC=大槻さん

9.涙そうそう~作曲=BEGIN 詩=森山良子

10.ピエ・イエズ~作曲=アンドリュー・ロイド=ウェバー

アンコール
いのちの歌
 ~作曲=村松崇継 作詞=MIYABI=竹内まりや

« 小林沙羅さんリサイタル~圧巻だった「舞」 | トップページ | 画期的なデモ~市民運動最大の盛り上がり »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック