« 高校野球 甲子園大会が終わった | トップページ | 上島珈琲はとても美味しい »

2015年8月24日 (月)

マイナンバー制度について

マイナンバー制度~メガデータというリスク
 ~役人言葉のウラを読む

マイナンバー制度に関するレクチャーを聞いた。
終了間際、講師が「質問は?」としたので、
私はこう質問した。

 私~「ところで所轄官庁はどこですか?」

 講師~「総務省が広報していて実質そこかと。ただ、
      税務署など、データはそれぞれの役所で
      保管されるシステム」

 私~「そこなんですが、その説明書
     (下記URLの5枚目のシステム面参照)には、
    ①個人情報に関しては、年金の情報なら年金事務所、
      税金なら税務署、など、分散保管される、
    ②行政機関の間ではマイナンバーでのやりとり(取得)は
      無いので安全、
   といいますが、それっておかしいです。
   必ずどこかの省庁がマイナンバーで各データを紐付けて
   一元管理するはず。そうでないと、
   この制度はやる意味が無いと想えるので」

 講師~「私もそう思います」

 私~「公表はしない、ということですね。
     そこが狙われたらアウトだから」

 講師~「そうだと思います」


レジュメの文面からいくと、まるで所轄官庁が無いかの如く
だが、当然どこかで集約するはず。
そういうことを「やるとも、やらないとも言わない、書かない」
というのは、役人の世界でが「やる」ということを意味する。

それにしても、なんとも、リスキーな、
企業にとっても手続的に面倒な内容。

①自分たちに都合のよいことを、②難しいことを敢えてやる、
という、典型的な役人仕事の発想から生まれた制度
だと思う。

http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/download/leaflet.pdf

« 高校野球 甲子園大会が終わった | トップページ | 上島珈琲はとても美味しい »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック