« 世の中は不可解、不思議な事に満ちている | トップページ | マイナンバー制度について »

2015年8月24日 (月)

高校野球 甲子園大会が終わった

面白かった高校野球
清宮選手は確かにセンス抜群。まだ1年。今後も楽しみ。

全部見たわけではむろんないが、
今年の夏の甲子園大会は見応えあった。

「大会屈指」と言われた投手は1人だけでなく、
全体的に投手のレベルが高かったし、「屈指」でなくとも、
例えば、関東一高は同じチーム仲間にして実力伯仲の4人
の投手が登板という珍しいチームもあった。

出力も総じて高く、大量得点していてもアっと言う間に同点
という試合も1つだけではなかった。

東北初の悲願の優勝か?という点で仙台育英には
心情的には勝たせたかったが、
東海大相模の投打いずれも素晴らしく、
最後に勝利の女神がほほ笑んだ。

なお、仙台育英の佐藤世那投手のセナの命名は、
父がアイルトン・セナが好きだったことと、もう1人、
生まれたころTVでやっていた「ロングバケーション」で
キムタクが演じた瀬名から取った名という。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

試合後、両エースが笑顔で健闘を讃え合う野球が終わった。
白球が風に乗り、爽やかな青空とやわらかな白雲が
熱球を見守った甲子園が終わった。

来る夏までの時間を残して
たくさんのときめきとため息と涙と歓声を残して。
名残惜しむ夏の甲子園にたくさんの汗と足跡を残して

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

100年目の高校野球
 ~京都府立 鳥羽高校の梅谷成悟主将の選手宣誓

 「宣誓。1915年8月、第1回全国中等学校優勝野球大会が
  始まりました。それから100年間、
  高校野球は日本の歴史とともに歩んできました。
  この100年、日本は激動と困難を乗り越えて
  今日の平和を成し遂げました。

  このような節目の年に、聖地甲子園で野球ができることを
  誇りに思い、そして支えていただいたすべての方々に
  感謝し、全力でプレーをします。

  次の100年を担うものとして、
  8月6日の意味を深く胸に刻み甲子園で躍動することを
  誓います。

  平成27年8月6日、選手代表、
 京都府立鳥羽高等学校、梅谷成悟」


 素晴らしい選手宣誓。亡き父にも捧ぐものだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

仙台育英高校 野球部主将 佐々木柊野 選手
 「消防士になります」 ~決勝戦後、地元でのインタビュー~

 「うちは母子家庭ですが、私学に行かせてもらって……
  この甲子園を最後に野球はやめます。
  卒業後は働いて母を楽にしたいです。
  消防士になりたいと思っています」

  佐々木柊野さんに幸多かれ!

« 世の中は不可解、不思議な事に満ちている | トップページ | マイナンバー制度について »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック