« 新国立競技場~壮大なムダ使い~あたかも いまだバブルの中にいるかの如く | トップページ | 国賊的国家反逆罪的愚行~万死に値する »

2015年7月15日 (水)

愚行強行採決~公明党の責任は大きい

愚行強硬採決~公明党の責任は極めて大きい。

創価学会は平和を志向しているかと思ったら、違うようだ。
公明党がこの法案に加担した責任は極めて重い。

要するに理念より権力側にひっ付いていたいだけの政党
になり下がった、ということだ。

しかし、創価学会員、公明党の支持者の中では、
実はこの法案に反対の人のほうが多い、ということを知って、
少しはホッとした。

なので、その良心を持つ人達に言いたい。

 「自民党に洗脳され、あるいは与党のイスにしがみついて
  いたいだけの同僚である公明党員、創価学会員の
  目を覚ましてくれ。
  常識と良心を持った創価学会員、公明党員、
  公明党支持者の皆さん、頑張れ!」、と。


戦後最大のヒーローになるチャンスだよ、公明党さん

今からでも遅くない。参議院で、公明党が反対側に回ったら、
戦後最大のスター、英雄になれるのになあ~

公明党さんよ、
ときとして、権力者より英雄のほうがカッコイイんだぜ!


公明党へのヤジ
 「平和の党として恥ずかしくないのか。
  平和の旗を降ろせ」

 ~ブラヴォーです

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 創価学会、公明党分裂への助走

複数のメディアアンケートによると、創価学会員や
公明党支持者の中で、安保法案に対する賛否は
 6:4で「反対」が賛成を上回った。

これは事実上の「真っ二つ」だ。

関係者にとっては前代未聞ではないか?

もし私が創価学会や公明党の幹部だったら、
相当深刻に受け止めるだろう。

 「分裂の危機だ」、と。

そうした思いを抱かないとしたら、
幹部として感性が足りない、幹部の器にあらず、ということだ。

池田大作氏の高齢化を考えれば、氏に何かあった場合、
学会や党の分裂、少なくとも会員や党員の激減というのは
大いにあり得ると思う。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大林宣彦映画監督は、
 「戦争を体験した者として、この法案が可決されたことは、
  申し訳ないと思う」とTVのインタビューで語っていた。

1960年7月15日~日米安全保障条約可決の混乱の
責任をとって岸内閣は総辞職したが、
それから55年後の7月15日、阿呆な孫が愚行決行。

 「アベちゃん、総辞職までおじいさんを追いかけてね」

« 新国立競技場~壮大なムダ使い~あたかも いまだバブルの中にいるかの如く | トップページ | 国賊的国家反逆罪的愚行~万死に値する »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック