« フィガロの結婚~野田秀樹演出 | トップページ | 小林沙羅・福間洸太朗と仲間たち~兼松講堂  第27回くにたち兼松講堂 音楽の森コンサート »

2015年6月18日 (木)

柳沢協二さんの政府法案批判が続く

柳沢協二氏の鋭い指摘が冴える~東京新聞より

数日前に、防衛庁の幹部OBで、元内閣官房副長官補の
柳沢協二氏が、東京新聞に連載のかたちで、
安倍政権の安保法案を批判し続けている旨、紹介したが、
18日の指摘も鮮やかで良い。以下その多くを紹介したい。

まず、氏は、野党代表との国会Q&Aにおいて、
 「安倍総理はディベートで勝とうと感情的に言っているだけ」
と指摘したうえで、こう述べる。

 「政府は集団的自衛権が行使するのは国の存立が脅かされ、
  国民の生命にかかわるときだとして、
  これを「存立危機事態」と名付け法案を提出している。
  ではそれがどういう事態かを聞かれているのに、
  首相は「米国の船を守らなくてよいのか」と言った。
  法案に基づいて説明しなければならないのに、
  感情論、感情的な価値判断で答えている。
  法律論になっていない。

  結局、政府の総合判断だとしか言っていない。
  日本が戦争する基準が感情的な価値で判断されるのなら
  怖い。
  1国のみで自国を守れないのは戦後ずっとそうだ。
  日本の警戒監視のために米艦への攻撃が
  日本攻撃の着手と同等なら、個別的自衛権で反撃できる。

  何が存立危機事態にあたるのかも、
  「(他の国に)政策的な中身を知らせることになる」
  と述べたが、日本がどんなときに武力行使するかというのは
  政策的な中身でも何でもなく、抑止のためのメッセージ。
  国民が理解できない基準で戦争を始めようということ自体が
  憲法違反だ」

« フィガロの結婚~野田秀樹演出 | トップページ | 小林沙羅・福間洸太朗と仲間たち~兼松講堂  第27回くにたち兼松講堂 音楽の森コンサート »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック