2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Amazon CD

  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
無料ブログはココログ

« 第20回 江副記念財団コンサート | トップページ | ファンタスティック ガラコンサート 2014      小林沙羅さん 岡田昌子さん 山本耕平さん »

2014年12月27日 (土)

小田朋美さん Live at JZ Brat

27日の16:30からは、JZ Brat(渋谷セルリアンタワー2F)にて
 小田朋美さんのジャズライブを聴いた。

15時からの1stステージは1つ前のブログに記載した
コンサートを拝聴した関係で聴けなかったが、
2ndステージだけでも十分堪能できた。

東京藝術大学 作曲家卒の小田さんを知ったのは、
小林沙羅さんが活動されている「VOICE SPACE」の
公演に行くようになってからだ。

小田さんの単独主催によるコンサートに行くのは初めてだが、
とても魅了された。素敵だった。


演奏者

ピアノ&ヴォーカルー小田朋美

第1ヴァイオリン=牛山玲名

第2ヴァイオリン=須原 杏

ヴィオラ=吉田篤貴

チェロ=関口将史

ベース=ヤマトヤスオ

ドラムス=田中教順


第2ステージではアンコールを含めて7曲か8曲演奏したと思う。

どれも素敵だったが、意外な曲では、昨今話題の
映画監督、園 子温さんが詩人でもあり、
そのHPを見ていて知ったという詩 「スカル」に付けた曲があり、
園監督が詩人としてスタートしていたこと自体知らなかったので、
興味深かった。

またタイトル的には、文月悠光氏の詩に作曲したという
 「病室でハミング」が面白い。

小田さんの自在で巧みなピアノ技術をあらためて確認したが
  ~ちょうど背後の上段のテーブル席だったので
   指使いまではっきり見えたのだ~
「VOICE SPACE」公演では彼女のヴォーカルソロを聴く場面は
それほど多く無いので、この日は声の魅力もあらためて
強く感じた。

また、共演者としてはドラムとベースのほか、
弦楽四重奏も加わったことで~したがって、フルメンバーでの
  演奏の曲は7人~多様なアレンジが展開されたのだった。

例えば、弦楽四重奏での「ランデブー」という曲の
冒頭の弦の不協和音の美しさ!


ジャズは詳しくないので拙い言葉で書くと、
典型的なジャズコードをベースとして独自の美しい和音展開の中、
小田さんの高音の爽やかな声で様々なニュアンスが歌われて
いくかと思うと、

別の曲では「VOICE SPACE」公演時で披露されるような
もっと自由でユニークな音と歌と声と各楽器で、あたかも
即興的な広大な空間を行き来するようなサウンドが
小さな空間から発せられる愉悦が絶えず流れていたのだ。

とても魅力的なジャズライブ公演だった。


1つ前のブログ記事の、紀尾井での演奏会での若人達
による演奏と、小田さんをムリやり結び付けてまとめると、
高齢化社会といわれるこの国には、
若い才能溢れるアーティストが色々なジャンルにたくさんいる
のだ、ということにあらためて感じ入ったというところ。

 芸(能)の無い中年男には羨ましい限りだ。

« 第20回 江副記念財団コンサート | トップページ | ファンタスティック ガラコンサート 2014      小林沙羅さん 岡田昌子さん 山本耕平さん »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック