« ズービン・メータ氏の変化~マーラー交響曲第5番から | トップページ | 伊東光晴さんがアベノミクスを徹底的に批判 »

2014年11月21日 (金)

衆議院の解散~「万歳はここでやってください解散」

<自己都合解散~税金のムダ使い解散>
明日、21日、衆議院が解散される。今回の衆議院の解散は
よく解らない。
自民党は大敗はしないだろうけど、議席を増やすことはない
と思う。

ゆえに、「政権与党がなぜ?」のわけだが。

「○○解散」というネーミングで、ある政治評論家は
「自己都合解散」と言った。解り易い。

他に幾つか考えてみよう。

 「意味解らない解散」
 
 「消費税上げられないからヤケのヤンパチ解散」

 「自爆解散」

 「せめて野党は頑張ろう解散」

 「自民党、自ら議席を減らしてくれてありがとう解散」

 「王手飛車取りをして、飛車を取りに行く解散?」等々。

でも、「税金のムダ使い解散」というのが一番しっくりするかも。

 決定

 「万歳はここでやってください解散」


ところで、
街頭インタビュー回答者を蔑視したかのような安倍総理

この番組は私も見てた。18日、TBSのニュース23。
銀座などで、アベノミクスとやらがもたらす(らしい)景況感に
関する街頭インタビューで、
5人位の人がほとんど否定的に答えていた映像が終わると、
スタジオにいた安倍総理は、
「これは街の声ですから。みなさん(番組関係者)が
(録画の中から否定的な人のものを)選んだのかも
しれないし」、と言っていた。

局が選ぶのは当然で、それを恣意的と言ったところで
始まらない。

それよりも、「これは街の声ですから」の次に
どういう言葉が来たのか?を想像することのほうが重要だ。

ニュアンス的には明らかにこう言いたそうだった。
いわく、

 「街の声なんて、とるにたりない」、あるいは

 「街の声なんて、少数者の意見に過ぎない。
  しかもあなたたちが恣意的選んだものだ」。

後者での恣意的の要素については冒頭のとおりだ。
問題は「とるにたりない」という蔑視的ニュアンスで
言ったことだ。

「街頭インタビューで答えてくれた国民がとるにたりない?」

この人の上から目線、奇妙なエリート主義、特権意識が
垣間見れた瞬間だった。
国民の1人の意見を軽く考える人に、
国のトップに立って欲しくない。

« ズービン・メータ氏の変化~マーラー交響曲第5番から | トップページ | 伊東光晴さんがアベノミクスを徹底的に批判 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック