2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Amazon CD

  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
無料ブログはココログ

« 甲斐栄次郎さん~二期会ゴールデンコンサートwith  幸田浩子さん&手嶋眞佐子さん&小貫岩夫さん | トップページ | The Chorus Plus Ⅱ ~作曲者全員来場     意欲的な内容に拍手 »

2014年9月24日 (水)

中本椋子さん リヒャルト・シュトラウスを歌う

大阪出身で、東京に出てきて頑張っている中本椋子さんの
リサイタルをすみだトリフォニー(小)で聴いた。

ピアノとメインMCは角田恭子さん

 第一部

1.何もない Nichts  (Op.10-2)

2.夜 Die Nacht  (OP.10-3)

3.万霊節 Allerseelen  (Op.10-8)

4.セレナーデ Ständchen  (Op.17-2)

5.ぼくの考えの全ては All mein Gedanken (Op.21-1)

6.高鳴る心 Schlagende Herzen (Op.29-2)

7.ピアノソロ曲 5つのピアノ小曲集より第1曲 (Op.3-1)

8.私は漂う Ich scwebe (Op.48-2)

9.薔薇のリボン Das Rosenband (Op.36-1)

10.私は花束を編みたかった
   Ich wollt ein Strauselein binden)
         (Op.68-2)
11.チェチーリエ Cäcillie (27-2)


 第二部

1.愛の神(アノール) Amor (Op.68-5)

2.ひそやかな誘い Heimliche Aufforderung (Op.27-3)

3.明日に! Morgen (Op.27-4)

4.かわらぬもの Einerlei (Op.69-3)

5.ひどいお天気 Schlechtes Wetter (Op.69-5)

6.ピアノ・ソナタ 作品5 第2楽章 (Op.5-2)

7.5つのピアノ小品集より 第4曲 (Op.3-4)

8.歌劇「ナクソス島のアリアドネ」から
         偉大なる王女さま!

アンコール
1.献呈
2.セレナーデ


中本さんは、その小柄であどけない外見からは想像できない
ほど見事なコロラテューラ技巧の持ち主。

この日は生誕150年のオールR・シュトラウスプロ。

ドイツ語の発音もなかなか良かったし、
特に本プログラムの最後の置かれたツェルビネッタの
長大なアリアは充実した圧巻のデキ。

進行は「おしゃべり」はあまり得意ではない中本さんを
フォローする、というか、元々企画的にも「お姉さん」である
角田さんがリードして進めた。

あと、本質的な事ではないが一応付記すると、
彼女には絶対音感があることが判った。

ピアノからではなくいきなり歌から出る曲の場合、
合唱では最初の音(補助音)をピアノとかミニハーモニカで
出すし、
ソロの場合は、前の曲に続いてすぐ歌うのなら、
前の曲の終わりの和音等から相対的に整理すれば
補助音無しに歌い出せるが、トークなどが入って中断し、
その後に、歌から開始する場合、ピアノで小さく補助音を
出してから開始する。

けれど、中本さんはこの日、3曲ほどいきなり補助音無しで
歌い出したので、「あ、絶対音感を持ってるんだな」と
判ったので、終演後、直接確認するとやはりそうだった。

音楽家にとって「絶対音感の有無は絶対的問題ではない」
けれど、ああいう利点は当然あるんだな、と
あらためて理解できた。

« 甲斐栄次郎さん~二期会ゴールデンコンサートwith  幸田浩子さん&手嶋眞佐子さん&小貫岩夫さん | トップページ | The Chorus Plus Ⅱ ~作曲者全員来場     意欲的な内容に拍手 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック