« 長崎原爆 爆風の衝撃波マッハステムの脅威 | トップページ | 広島の土砂災害から1週間 »

2014年8月26日 (火)

東電原発自殺訴訟~「個体側の脆弱性」という侮蔑表現を糾弾する 許さない

東京電力福島第1原発事故を受けた避難生活中に自殺した女性の
遺族が東電に計約9100万円の損害賠償を求めた訴訟で、
福島地裁(潮見直之裁判長)は26日、
東電に4900万円の賠償を命じた。

福島地裁は、女性が自殺したのは「避難生活で精神的に
追い詰められ、うつ状態になったため」と事故と自殺の因果関係を
認めた。

訴えたのは、自殺した女性の渡辺はま子さん(当時58歳)の夫、
幹夫さん(64)ら4人。
はま子さんは11年7月、避難先から自宅に一時帰宅した際に
焼身自殺した。
幹夫さんは、ロイターの取材に対し、自殺は福島第1原発を運
営する東電に直接責任があると主張していた。


勝訴は良かった。
夫は「あんなに陽気な女房が自殺するなんて」とあらためて
嘆きました。それも焼身自殺とは痛ましい。

しかし、今回の公判で一番許せないのは、東電(の代理人)が、
自殺した渡辺はま子さんの心の弱さに言及しただけでなく、
それについて、

 「個体側の脆弱(ぜいじゃく)性も影響していると考えられる
  から、考慮した上で相当因果関係の有無を判断すべき」

という表現を用いたことだ。

自殺した人を「個体側」と平然と言ってのける神経を疑う。
理解できない。

その代理人はこう言うかもしれない。

 「法律的使用に過ぎませんよ。知らないのですか?」、と。

私はこう答えるだろう。

 「知りません。法律用語の飛び交う公判であっても、
  状況により、「人間として」用いてはいけない表現も
  当然あると思います。
  あなたは代理人である以前に「人間として」この公判で
  被告側を「弁護する資格は無い」のです」、と。

バカにするにもほどがある。
許し難い表現で、いみじくも 「東電の冷徹さを象徴している」
と思う。

« 長崎原爆 爆風の衝撃波マッハステムの脅威 | トップページ | 広島の土砂災害から1週間 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック