« バッハはうす の奇跡~人と人を結びつける力の存在 | トップページ | 山田和樹さん&スイス・ロマンド管弦楽団      武蔵野合唱団 第47回定期演奏会        「唱歌の四季」と「讃歌」を団員として歌った »

2014年7月 1日 (火)

集団的自衛権~戦後最悪の閣議決定 愚の骨頂

安倍晋三氏が最も尊敬する祖父 岸信介氏でさえ、
首相在任中、
 「憲法は集団的自衛権を想定していない」と否定し、以後、
中曽根康弘氏ら歴代の全ての総理大臣が否定してきた
 「集団的自衛権の行使」を認める「解釈変更」を
 「たかが一時の内閣が」閣議決定した。

岸氏の「悲願」だった「憲法改正」を堂々と主張してくるなら
ともかく、「解釈変更」という姑息な手法で、
戦後の日本の平和の精神を基盤とした政治体制を
根底から変えようとしている。

これには岸信介氏もあの世で怒っているのではないか?

 「晋三、なにを血迷っているのだ。日本を滅ぼす気か?」、と。

憲法改正論者の小林節 慶大名誉教授でさえ、

 「集団的自衛権への憲法解釈変更というのは、
  変更というレベルのものではなく、
  憲法そのものを破壊する行為だ」

と批判しているのだ。


 池澤夏樹 氏は書く。

「安倍首相は感情に訴えるメッセージで支持を集める。
 感情は理性を超えやすい。米軍の艦船が戦場から日本人の
 民間人を乗せて運ぶという状況を呈示して、
 自衛隊がそれを支援しなくていいのか、と訴える。
 しかし、これはフィクションだ。
 そんな状況があったとしたら、米軍はまず自国民の救出を
 優先するだろう。
 日本人など二の次、三の次だろう。
 だいいち、そこに自衛艦が居るのなら、
 自分で救出すればいいではないか」


 本の紹介
 「日本は戦争をするのか」~集団的自衛権と自衛隊~半田滋 著

  <首相によるクーデター>
 「歴代の自民党政権の憲法解釈を否定し、
  独自のトンデモ解釈を閣議決定する行為は立憲主義の否定
  であり、法治国家の放棄宣言に等しい。
   (集団的自衛権への移行は)「首相によるクーデター」
  と呼ぶほかない」


  ビートたけしさん~憲法、集団的自衛権

 ビートたけしさんは以前から護憲派で、
 「日本国憲法については、世界に誇れる平和憲法だ」と主張
 していた。
 今回の集団的自衛権についても、
  「この間のブラジルのワールドカップで、日本人サポーター達が
  ゴミをちゃんと片付けた見たときに、俺嬉しかったねぇ。
  品とはああいうことかと。品とかお金で買えないものってのも
  必要かなって思う。
  国の平和を考えたときに、日米安保全部含めて
   (自衛とか平和を)考えるよりは、
  貧しくとも憲法を守る平和な日本をみんなで頑張って
  やるべきだと思う今日この頃」


もし、安倍内閣が閣議決定したなら、いつの日か、
それを否定する内閣の誕生を待つしかない。
未来首相A氏いわく、
 「あ、そういう閣議決定がありましたね。
  わが内閣では踏襲しません。否定して再度旧来からの
  解釈に戻します」、と、
さも「何も無かったかのように」ひっくり返す人が出てきて欲しい。

« バッハはうす の奇跡~人と人を結びつける力の存在 | トップページ | 山田和樹さん&スイス・ロマンド管弦楽団      武蔵野合唱団 第47回定期演奏会        「唱歌の四季」と「讃歌」を団員として歌った »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック