« STAP細胞問題~様々な人の意見から~理知的な指摘+情緒的コメントも~痛快な泉谷しげるさん | トップページ | 東京混声合唱団 第234回定期演奏会     山田和樹さん 音楽監督就任記念演奏会    ルネ・クラウセン 二重合唱のためのミサ曲 »

2014年4月14日 (月)

清水華澄さん~声とピアノのアンサンブル    今後はリート歌手としての華澄さんにも期待

今や若手歌手の中でも、最も活躍している歌手の1人が、
メゾ・ソプラノの清水華澄さんだ。

私は、「3.11」の1ヶ月前、
よって客席天井の一部が崩壊する前のミューザ川崎で、
優秀なアマオケである オーケズトラハモンが
マーラーの交響曲第3番を演奏した際、ソリストとて出演した
清水華澄さんを知り、
 「このメゾ、凄い。今後きっと活躍していくだろうな」
と直感したのだが、実際にそうなり、こんにちに至っている。

この日は、いつもオペラ等、大曲に接することの多かった彼女が
リートのリサイタルを開くとあって、とても楽しみにしていた
コンサートで、日暮里サニーホールにおける
ピアニスト服部容子さんによるシリーズ
 「声とピアノのアンサンブル」に出演するかたちでの
リートのお披露目だった。

曲は

1.シューマン 歌曲集「ミルテの花」op.25から
 (1)献呈
 (2)はすの花

2. 同 歌曲集「女の愛と生涯」 op.42
 (1)彼に会って以来
 (2)彼は誰よりも素晴らしい人
 (3)分からない、信じられない
 (4)私の指の指輪よ
 (5)手伝って、妹たち
 (6)やさしい人、あなたは見つめる
 (7)私の心に、私の胸に
 (8)今、あなたは初めて私を知る

 (休憩)

服部さんのピアノソロで N.カスプーチン
    8つの演奏会用エチュードより「前奏曲」

3.武満 徹
 (1)素晴らしい悪女
 (2)翼
 (3)小さな空

4.パーセル 歌劇「ディドとエネアス」より
   私が地中に横たえられた時

5.グルック 歌劇「オルフェオとエウリディーチェ」より
   エウリディーチェを失って

6.ビゼー 歌劇「カルメン」よりハバネラ

アンコール
カルメンよりもう1曲
武満徹 歌うだけ

という、とても充実したライナップ。

華澄さんの登場は、服部さんにとっても待望だったようで、
 「以前から「かすみちゃん」と言ってたけどビッグネームに
  なり、言い難くなった。でも(変わらずそう)
   言ってるけど」、と聴衆を笑わせた。

いまや売れっ子の華澄さんは、2012年は毎月どこかで出演
されていたし、2013年もたぶんそうだったと思う。
そういう歌手はベテランも含めてそれほど多くはいないだろう。

しかも、ソプラノと比べて一般的には地味とイメージされる
メゾ・ソプラノ歌手にもかかわらず、だ。

華澄さんは、とても陽気な性格で、冒頭から
 「清水です。あっ、知ってるか」と笑わせたし、
シリアスなアリアの解説のときも、説明直後に脈絡のない
大笑いをするなど、終始 聴衆を爆笑させていたのも、
とても彼女らしいし、そういう堅苦しくないリサイタルも
彼女ならではで、とても良い。

オペラや第九等で活躍されているが、
学生時代はリート科だったとのこと。
インフルエンザ治癒から間もないとはとても思えない
豊かな響きのする声。

大オペラ劇場に響き渡るアリアを歌う華澄さんも魅力的だが、
今回のような小ホールでじっくりリートを聴くひとときも、
華澄さんの歌声の世界に浸れる愉悦のひとときなのだ。

終演後のロビーでの挨拶&語らいのとき、私からは
 「これからはもっとリートのリサイタルをお願いします」
と彼女伝えた。

華澄さんは「伊藤さんが来ていたから緊張しました」などと
おっしゃっていたが、先述のとおり、解説MCのときも
笑いころげていて聴衆を爆笑させていたくらいなので、
良い意味で緊張ゼロのステージと拝察した。

終演後のロビーで写真撮影を近くにいる人にお願いしようと
したところ、若手ホープのテナーの山本耕平さんが
自ら一歩まえに歩み出てくれて撮影してくれた。
売れっこテナーなのにいい人だ。
今度こそ山本さんが出演する公演に行かねば。

なお、休憩後の服部さんによるソロの曲は、N・カスプーチン
という「怪僧ラスプーチン」みたい名前だが、現存70歳とのこと。
ジャズ風 絶えず左手か右手、あるいは両方の手が
16分音符で動く、技巧的な曲で面白かった。

« STAP細胞問題~様々な人の意見から~理知的な指摘+情緒的コメントも~痛快な泉谷しげるさん | トップページ | 東京混声合唱団 第234回定期演奏会     山田和樹さん 音楽監督就任記念演奏会    ルネ・クラウセン 二重合唱のためのミサ曲 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック