« 石井俊輔 理研調査委員長の不正論文発覚 | トップページ | 蝶々夫人~東京二期会公演 演出by栗山昌良  圧巻の木下美穂子さん 素敵な小林由佳さん 繊細な哀愁の腰越満美さんも見事 »

2014年4月26日 (土)

川久保賜紀さん ベートーヴェン  フィリアホール   ヴァイオリン ソナタ全曲演奏会 第1回

久しぶりに川久保賜紀さんの演奏を聴き、お話しすることができて
良かった。

昨年は関東圏での彼女の演奏会の日は全て別件と重なって
行けなかった。

今回、フォリアホールとしては、毎年の土曜ソワレシリーズ
 「女神との出逢い」の一環だが、川久保さん自身においては、
今後3回に分けて、ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ全曲を
弾くという企画の第1回としての開催。

ピアノは抜群の名手で、多くの歌手や器楽奏者と室内楽で
共演して来ている 江口 玲さん。

今回の演奏曲目は

ベートーヴェン ヴァイオリン・ソナタ

1.第1番 ニ長調 Op.12-1
2.第4番 イ短調 Op.23

 (休憩)

3.第5番 ヘ長調 Op.24 「春」
4.第3番 変ホ長調 Op.12-3

アンコール サラサーテ アンダルシアのロマンス


川久保さんの演奏会は、来るだけで嬉しいのだ。
各曲の演奏がどう、ということより、彼女を直接見て、聴ける、
それだけでとても幸福な気持ちになれる。
私にとってはそういう奏者だ。

 笑顔の実に素敵な人。

彼女くらいサイン会でファンの顔をニコニコしながら
しっかり見る人も珍しいかもしれないと言えるくらい、
親近感を覚える笑顔を自然にする人。

川久保さんと田部京子さんはそれぞれヴァイオリン、ピアノ
に向かっているときの真剣な表情と、
演奏後、聴衆の拍手を受けるときのニコやかな笑顔の
ギャップがたまらない。

あんな笑顔でまっすぐ見られたら、大抵の男は
 「どうにでもしてください」、
って言っちゃうにちがいない。

大学合唱団1年後輩で、ジャパン・アーツのF君は、
仲道郁代さんの担当だけでなく、川久保さんの担当でもある。
なんと羨ましいことか。

« 石井俊輔 理研調査委員長の不正論文発覚 | トップページ | 蝶々夫人~東京二期会公演 演出by栗山昌良  圧巻の木下美穂子さん 素敵な小林由佳さん 繊細な哀愁の腰越満美さんも見事 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック