« ブログ更新の遅れをおわびします | トップページ | クラウディオ・アバドさんを悼む~幾つかの記憶からの追憶と哀悼 »

2014年1月18日 (土)

沼尻竜典 作曲&台本 「竹取物語」 初演    みなとみらいホールの委嘱 ミュージカル的曲想は意外だが、歌手陣と栗友会合唱団が充実

指揮者として知られる沼尻竜典さん
 (桐朋学園の高校ではピアノ科、大学では作曲科)が、
横浜みなとみらい館長 池辺晋一郎さんから委嘱を受けて作曲
した歌劇「竹取物語」の初演~演奏会形式を観、聴いた。

初めにホール館長で、同じ三善晃門下の兄弟子の
池辺晋一郎さんが登場し、
 「委嘱される側の苦しさを知っているが、
  委嘱する側は初めてで、とても気持ちいい」
と、聴衆を笑わせながら挨拶。

曲は終始一貫して単純で美しい調性和音が推移する
ミュージカル的な曲想だったのは意外だった。

その是非はともかく、ソロ歌手陣と栗友会合唱団の充実で、
聴衆は楽しいひとときを体験したと言えるだろう。

指揮;沼尻竜典

管弦楽;トウキョウ・モーツァルトプレーヤーズ

合唱;栗友会合唱団

 ソリスト

かぐや姫;幸田浩子(ソプラノ)

おきな(翁);山下浩司(バスバリトン)

おうな(媼);加納悦子(メゾ・ソプラノ)

帝;友清 崇(バリトン)

石作皇子および大将;小堀勇介(テノール)

庫持皇子;大山大輔(バリトン)

阿倍御主人;大久保光哉(バリトン)

大伴大納言;晴 雅彦(バリトン)

石上麻呂足;近藤 圭(バリトン)

月よりの使者;中島郁子(メゾ・ソプラノ)

石上麻呂足の使者;森田 皓
  (ボーイソプラノ;東京少年少女合唱隊)

沼尻氏が設定した全曲は、第1景から第5景までの構成をとる。
アリアや管弦楽曲など単一ごとの数は、
第1景が6曲、第2景が4曲、第3景が7曲、
休憩後に演奏された第4景が5曲、第5景が一番多くて 12曲。

これらの中で曲や演奏が特に良かったもの、印象的だったものを
記す。

冒頭に書いたように、静かに開始した序曲から終始一貫して
明瞭な調性の音楽が進行していく。
敢えて「ゲンダイオンガク」的でなく、ミュージカル的ですらある
曲想を書いた点の真意は判らないが、
もう少し「高度な書法」を提示してくれても良かったのでは?
とは思う。
もちろん敢えてそういう手法は徹底的に排除したのだろうけれど。


個別の歌手では、初めて聴いて「発見」した人としては、
石作皇子と大将の2役を歌ったテノールの小堀勇介さんだ。
実に良い声。若手の中では、西村 悟さんとともに、
これから売れっ子街道を驀進していくのでは、と
想わせる力があると思う。


場面ごとでは、

第1景は、最後の合唱による「子守唄」が、
栗友会のデキが見事で良かった。

第2景では、第1曲「おばあさんのアリア」を歌った
加納さんが「さすが」のデキで魅せられた。

第3景では、
 まず、第1曲「石作皇子」では先述のとおり 小堀勇介さんと
 このオペラの主役かぐや姫役の幸田さんが良かった。

 第3曲「職人たち」での、栗友会から前に出てきた男声6名
 のアンサンブルが秀逸。

 第6曲「大伴御行」~大伴大納言役も晴 雅彦さんが
 「役者」として声の充実さと、演技とも面白おかしく、
 エンタ性という点ではこの日の白眉だった。

 終曲でのボーイソプラノの少年も落ち着いていてとても良かった。

第4景では、
第1曲「帝のアリア」~帝役の友清 崇さんが格調高い声で充実。

第5景では、
 第1曲「おばあさんの心配」~加納さんと幸田さんのデュオが
 見事。
 
 第5曲「大将の号令」~この役でも小堀さんの声に魅せられた。
 実に素晴らしい。

 第7曲「月の使者」~小堀さん以外にもう1人、あらためて
 「いいなあ」と感心したのが、この役を歌った中島郁子さんで、
 加納さんとはまた違うアルトの声で、声量もあり、
 素晴らしかった。
 この歌手も今後注目していきたい。

 第9曲「帝へ捧げるアリア」~幸田さんが素敵
 
 終曲「エンディングコーラス」もとても良かった。


冒頭書いたように、
ゲンダイオンガクが流行らなくなり、
もっと言うなら「完全に敗北」したとはいえ、
三善晃門下の人がここまで徹底的に馴染みやすい調性和音が
終始する、それもミュージカル的な曲想の作品を書いたとは
とても意外だ。
ここまで歌謡調を全面に出してこられると、
 「もう少しゲンダイオンガクっぽいところも欲しい」などと
思ってしまう。
兄弟子である池辺さんの感想をぜひ聞きたいものだ。

なお、本格的な舞台上演は、同ホールが進める
 ~アジアを中心とした国々と、音楽を通じて相互理解を
  深める~「パートナーシップ・ミュージック・プログラム」
の一環として、来年=2015年2月に、
ベトナム、ハノイのオペラハウスにて、本名徹二氏の指揮で
上演される予定とのこと。

物語的にも、単純で美しいメロディーの連続という調性的にも、
ベトナムでは受け入れ易いかもしれない。

« ブログ更新の遅れをおわびします | トップページ | クラウディオ・アバドさんを悼む~幾つかの記憶からの追憶と哀悼 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック