« 新年のご挨拶 & 恒例の元旦の5紙を読む | トップページ | バッハはうす新年会 »

2014年1月 3日 (金)

NHK ニューイヤーオペラコンサート

今年のNHK 第57回 ニューイヤーオペラコンサートは
 「花が誘う歌物語」というテーマで、
よって花にちなんだ曲が演奏された。

ここ2年ほど、初出場の歌手を「ワン・オブ」に扱い、
ちゃんと歌を歌わせないような演出が続いて不満だったし、
そのことは前回のアンケートに書いてNHK提出したが、
今回はようやくちゃんとまともに個々の歌唱を聴かせる内容
に戻った。
また、歌手は全体的に自分の声に合った曲を選んだ人が
多いように想え、その点でも良かった。

後述するが、司会を務めた鎌倉千秋さんがとてもうまかった。


指揮…下野竜也

管弦楽…東京フィルハーモニー交響楽団

司会…鎌倉千秋アナウンサー

トークゲスト…假屋崎省吾、ライナー・キュッヒル、宮本亜門


開演=開幕の合唱は、
マスカーニの歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」から
 「オレンジの花はかおり」を合唱+ソロ出演者全員

1.ドリーブ 歌劇「ラクメ」から「花の二重唱」
   ラクメ…幸田浩子さん(ソプラノ)
   マリカ…林 美智子さん(メゾ・ソプラノ)

2.ビゼー 歌劇「カルメン」から
 (1)ハバネラ「恋は野の鳥」
  カルメン…谷口睦美さん(メゾ・ソプラノ)
   & 新国立劇場合唱団、二期会合唱団、藤原歌劇団合唱部

 (2)「お前が投げたこの花は」
  ドン・ホセ…村上敏明さん(テノール)


3.プッチーニ 歌劇「蝶々夫人」から
 (1)花の二重唱「桜の枝をゆすぶって」
   蝶々夫人…大村博美さん(ソプラノ)
   スズキ……山下牧子さん(メゾ・ソプラノ)

 (2)同 「蝶々夫人」から「愛の家よ、さようなら」
   ピンカートン…小原啓楼さん(テノール)
   シャープレス…久保和範さん(バリトン)


4.プッチーニ 歌劇「ジャンニ・スキッキ」から
 (1)「フィレンツェは花咲く木のように」
    リヌッチョ…与儀 巧さん(テノール)
 
 (2) 同 「ジャンニ・スキッキ」から「私のお父さん」
    ラウレッタ…安藤赴美子(ラウレッタ/ソプラノ)

5.リヒャルト・シュトラウス 歌劇「ばらの騎士」から
   三重唱「心から愛しています」
  ウェルデンベルク侯爵夫人…佐々木典子さん(ソプラノ)
  オクタヴィアン…林美智子さん(メゾ・ソプラノ)
  ゾフィー ……… 砂川涼子さん(ソプラノ)

6.ヨハン・シュトラウス 喜歌劇「こうもり」より
 (1)ゲストのウィーン・リング・アンサンブルによる演奏で、
   「こうもりカドリール」

 (2)同「こうもり」から
   チャールダーシュ「ふるさとの調べよ」
    ロザリンデ…腰越満美さん(ソプラノ)
     & ウィーン・リング・アンサンブル

 (3)同「こうもり」から「夜会は招く」
   合唱…新国立劇場合唱団、二期会合唱団、
        藤原歌劇団合唱部

 (4)同「こうもり」から
  「侯爵様、あなたのようなお方は」
   アデーレ…幸田浩子さん(ソプラノ)
    & 新国立劇場合唱団、二期会合唱団、藤原歌劇団合唱部

7.リヒャルト・シュトラウス) 歌劇「無口な女」から
   「音楽はなんて美しいんだろう」
     モロズス…妻屋秀和さん(バス)

8.ロツィーニ 歌劇「タンクレーディ」から
   「君がこの心を燃え立たせ」
     タンクレーディ…藤木大地さん(カウンターテナー)

9.シャルパンティエ 歌劇「ルイーズ」から「その日から」
    ルイーズ…森麻季さん(ソプラノ)

10.ヴェルディ 歌劇「マクベス」から
   「あわれみも、ほまれも、愛も」
    マクベス…堀内康雄さん(バリトン)

11.グノー 歌劇「ロメオとジュリエット」から
   ジュリエットのワルツ「私は夢に生きたい」
    ジュリエット…中村恵理さん(ソプラノ)

12.プッチーニ 歌劇「トスカ」から
 (1)「歌に生き、愛に生き」
    トスカ…木下美穂子さん(ソプラノ)

 (2)同「トスカ」から「星はきらめき」
    カヴァラドッシ…錦織健さん(テノール)


13.ワーグナー 楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」
   から 優勝の歌 「朝はばら色に輝き」
    ワルター…福井敬さん(テノール)
    &新国立劇場合唱団、二期会合唱団、藤原歌劇団合唱部

14.R・シュトラウス 歌劇「ナクソス島のアリアドネ」から
   「音楽は神聖な芸術です」
    作曲家…藤村実穂子さん(メゾ・ソプラノ)

フィナーレ
 出演者全員でヴェルディ 歌劇「椿姫」から
   乾杯の歌「友よ、さあ飲みあかそう」


   感想

開演を「オレンジの花はかおり」で開始したのは
テーマに沿っているだけでなく、曲としてもとても良かった。

1の幸田浩子さん&林 美智子さんは、おなじみのコンビ。
 出だしとして魅力的な人選と選曲。

2の谷口睦美さんは待望の初出演。
 以前、北とぴあで拝見(そのときは司会だけ)した際、
  「カッコイイ人だなあ」と思った。
 村上さんも良い声だ。

3の大村博子さん&山下さん。
 大村さんの声は太めの安定感ある声。ロングトーンも立派。
 山下さん伸びやかな声。二重唱として立派なデキ。
 小原さんは太めの硬派な声。

4のリヌッチ役 与儀さんも初出場。
 これまで2回ほど聴いたことがあり、注目している1人だ。
 若々しい声。
 安藤さんは「若くないラウレッタ」のような感じがして
  歌唱もやや平凡。

5は、佐々木さんが声といい、見た目といい、
 最高の元帥夫人。
 砂川さんのゾフィーは意志的な歌唱だった。
 林さんのオクタヴィアンも魅力的。

6の腰越さん&ウィーン・リング アンサンブル。
 腰越さんは2月以来のチャールダーシュ。
 高音が伸びやか。それにしても難しい曲だ。
 とにかく、最も注目している歌手の1人 腰越さんが
 ウィーン・フィルのメンバーと共演されたことを喜びたい。

 幸田さんのアディーレは可憐なことは言うまでもないが、
 旋律を滑らかに回していくフレーズイングのうまさに感心した。

7の無口な女より妻屋さん~冒頭から実に良い声。
 最後のロングトーンも見事。

8の「タンクレーディ」という歌劇自体未聴だが、
 「リア」で印象的だった藤木さんの初出場を祝いたい。

9の森さん。抒情的な清らかな曲で声に合っていた。
 過去聴いた彼女の歌唱の中で最も印象的な歌唱。

10の堀内さんは安定した力量を示した。

11の初出場の中村さんは技術のある人。
 やや巧く歌い過ぎている感もあった。

12の木下さんは、強いはっきりした声。
 歌としては上手いが、哀しみのこもった声かというと、
 ちょっと違うかなあ、という印象。
 でも最後の数小節は特に良かった。

 錦織さんについては、長年にわたりこの声を維持
 していて本当に凄いと思う。
 この曲でのクラリネットソロとても良かった。

13は福井さんによる待望の選曲。
 もちろん立派な声だが、フレーズの中で言葉の1つ1つに
 感情が入り過ぎている感じがして結果、
 もっと長いフレーズイングで歌って欲しいところでも
 短い句切れが生じてしまう。
 最近、福井さんその傾向~ディクションの強調し過ぎ
  ~が強まっているように感じる。

14の藤村さん。発声の完成度の凄さ。


司会を務めた鎌倉千秋アナウンサーは、スラスラと
澱(よど)みの無いうまい語り。
曲名もよく勉強して知っているからスラスラしゃべれる。
秀逸な司会進行。
歴代の司会の中でもトップレベルのデキで、とても良かった。

本来は当たり前のことだが、これまで必ずしもそういう
進行役ばかりとは言えなかったのは事実だ。


トークゲストとして、華道家の假屋崎省吾さん、
ウィーン・フィル コンサートマスターの
 ライナー・キュッヒルさん、演出家の宮本亜門

« 新年のご挨拶 & 恒例の元旦の5紙を読む | トップページ | バッハはうす新年会 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック