« 映画 「101回目のプロポーズ」 (101次求婚) | トップページ | おめでとう! 楽天イーグルス 日本一      東北に元気&被災者への最高のプレゼント »

2013年11月 3日 (日)

C交響楽団+長谷川陽子さん~ドボルザーク  アンコールで弾いた武満徹の「翼」も絶品

C交響楽団というネーミングはユニーク。
キャノンに勤務する人がメインのオケとのことで、そこからの
ネーミングとのこと。
今回が第4回の定演だから、まだ「若い」オケと言える。

拝聴する直接のきっかけは長谷川陽子さんがドボルザークを
弾くこと。

陽子さんのファンクラブ会員で自らもチェロを弾く人が
このオケに2人いる。 ファンクラブ会員としては、
 「自分たちのオケに是が非でも招聘したいソリスト」
であることは私ももちろんよく解り、とても羨ましい限りだ。

指揮者は、都響の首席フルーティストの寺本義明氏。
アマオケ演奏会に行くと、実にたくさんの指揮者あるいは
指揮活動をされている人がいることが判る。
アマチュア・オーケストラや合唱団は日本にたくさんあるから
必然ではあるのだろう。
指揮を専門としている人の他、この寺本氏のように、
プロオケの楽器奏者であり自らも指揮活動をされている
という人も結構いる。有名な人では、茂木大輔さんだろう。

曲目は

1.ドボルザーク チェロ協奏曲

 (休憩)

2.チャイコフスキー 交響曲第6番 「悲愴」


ドボルザーク
まず、ティアラこうとうのホールの音響の悪さが不満。
ステージの特に客席寄りの位置だと、
音が客席に届きにくい感じがした。
東京文化会館でブラームスのドッペルを弾いた
陽子さんのチェロの音はビンビン客席に届いていたのだが、
それに比べると、さしもの陽子さんでも、
音の伸びがこのホールでは弱い感じがした。

第2楽章の抒情性と第3楽章の大らかさが特に良かったし、
これは新旧CDでも同じ印象を覚えていたので、
陽子さんの特色が出やすいのは第2、第3楽章
なのかもしれない。

寺本氏のバトンはとても的確。
協奏曲としての指揮としてもなかなかのものだった。

ただ、ではオケが良かったか? というと、
私はやや不満だった。

木管やホルンのリズムや音程が甘いところが
多々あったし、音の立ち上が遅い場面も多々あった。
弦は全体的にとても音程が良いのだが、
それでもやはり立ち上がりが鈍いところが多かった。

後半の「悲愴」は、音量が立派だっただけでなく、
引き締まった演奏でなかなか立派だっただけに残念だ。
そのデキのギャップがちょっと大きいように感じた。

これは練習不足というより、まだ4回目の定演という
ことに加え、「協奏曲は初めて」、ということが
大きな要因だと思う。

協奏曲はとても難しいから、いわゆる「場数」を踏まないと
なかなか経験値として対応が大変ということはある
と思うからだ。

なお、第2楽章の途中で、地震というハプニングがあった。
ステージの皆さんは気付かなかったかもしれないが、
客席は皆気づいて天井を見たりしていたほどだったし、
ステージ上のマイクは大きく揺れていたが、
揺れた時間が短かったので、聴衆は皆ホッとした、
というところだ。

ソロアンコールとして、陽子さんが弾いたのは
 武満徹の「翼」。 絶品だった。
CDで知ってはいるが、寺嶋陸也さんの絶妙なアレンジ
による武満の曲を生で聴くのは極上の喜び。


先述のとおり、後半の「悲愴」はなかなか良かった。

音響の悪さもさほど感じさせないほどに、
全体的によく音が出ていた。

第2楽章は冒頭からチェロが活躍するわけだが、
それまであまり目立たなかったチェロ群が、
正に待っていましたとばかりに朗々と歌って素敵だった。

終演後のサイン会では、
いつものように陽子さんは気さくに応じられていた。
そういえば、私が初めてサインをいただいたのは
確か1998年、渋谷タワーレコードで、
ファンクラブには未だ入会してなかったし、
陽子さんもまだご結婚される前だったと思う。

« 映画 「101回目のプロポーズ」 (101次求婚) | トップページ | おめでとう! 楽天イーグルス 日本一      東北に元気&被災者への最高のプレゼント »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック