« C交響楽団+長谷川陽子さん~ドボルザーク  アンコールで弾いた武満徹の「翼」も絶品 | トップページ | 東京フルトヴェングラー研究会 シンポジウム  ワーグナーとフルトヴェングラー »

2013年11月 3日 (日)

おめでとう! 楽天イーグルス 日本一      東北に元気&被災者への最高のプレゼント

プロ野球熱が冷めて久しいが、
久しぶりに感動。
おめでとう!楽天イーグルス おめでとう東北!

僕のことはどうでもいい~星野監督のコメントが良かった。

インタビュアー(以下、イ) 「満員のお客さんです」

星野監督(以下、星)  「春から来てよ」 (スタンド笑)

イ 「星野監督自身にとっても初の日本一ですね」

星 「僕のことなんかどうでもいいけど、
   9年目で日本一になれて嬉しい」

イ 「巨人に勝ったというとはどう思いますか?」

星 「王者巨人に比べたらまだウチは及びません。
   ただ、今日はやっつけました」

イ 「あらためて日本一です」

星 「野球は最後までわからない。昨日みたいなことあるし。
   人生は最後までわからない。監督に就任して、
   被災者の皆さんになんとか力になれたら、と思ってきた。
   被災者の皆さんはまだまだ大変な状況にあるけれど、
   この優勝が、ほんの少しでも元気を与えることになれば
   嬉しいです」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第6戦に関して

凄い言葉~みなさんは幸せです

第6戦終了後、星野監督は余裕をもってこう言った。
「いや~、皆さんは幸せですよ。
 田中が負けた試合を見れたのですから」

あれは凄い言葉だった。
あんなことは普通は言えないだろう。
その監督の言葉に、マー君は救われたのではないか。
昔の星野さんのイメージとは全く異なる、あの大らかさ、
精神的余裕による采配が、日本一をもたらせたように想える。

よしのぶ
第6戦でのマー君は明らかに力み過ぎ、
強気になり過ぎで、熱くなり過ぎていた。
象徴的だったのは、6回、高橋由伸選手に打たれて
3点目が入ったシーンだ。
いくら全盛期ではないとはいえ、名ヒッター高橋由伸に
3球連続ストレートを投げたら打たれるだろう。

キャッチャーはスライダー(か、変化球)を要求したが、
マー君は首を横に振り、ストレート勝負に出た。
よしのぶとしたら、プライドにかけても打ったろうし、
低めとはいえほとんどド真ん中に近かったから、
明らかに投球ミスだ。
あれが優勝に王手をかけていた試合ではなく、
第2戦か3戦だったら、
絶対にああいう配球はしなかったはずだ。
強気が裏目に出た象徴的シーンだった。

« C交響楽団+長谷川陽子さん~ドボルザーク  アンコールで弾いた武満徹の「翼」も絶品 | トップページ | 東京フルトヴェングラー研究会 シンポジウム  ワーグナーとフルトヴェングラー »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック