« 東京フルトヴェングラー研究会 シンポジウム  ワーグナーとフルトヴェングラー | トップページ | オペラ 「リア」(Lear) アリベルト・ライマン作曲 日生劇場開場50周年記念 特別公演 »

2013年11月 8日 (金)

武満徹「小さな空」を初めて合唱で歌えて感激

武満のうたは1984年の岩城&東混以来の羨望の曲。
CDは合唱だけでなく、ソロで出している人のを含め
ほとんど持っている。もちろん楽譜も。
けれど歌うチャンスが無かった。
ずっと探していた。
武満を練習している合唱団を。

チェロを習っている椎名町の「バッハはうす」にコーラスが
結成されたのは知っていた。
先日、月1で送られてくる会報を何気に見ていたら、
そのコーラスが今練習している曲が数曲書いてあり、
その中に 「小さな空」 があった。

会社からの帰途、立ち寄り、見学のつもりがそのまま合流して
初めて歌うことができた。
待望の武満の曲の合唱で感激。

まだ10数人の合唱だが、東混の団員が指導してくれ、
終了後はテーブルを囲んで簡単な飲み会もあり、
アットホームなので、続けてみよう。

指導者以外にも補佐という感じで他に東混の人が2人いて、
知り合いになれて楽しい。
終了後、缶ビールを手に、去年から今年にかけて行った
東混の演奏会のことや、武満、三善晃さんについて
私から積極的に語った。

下記ユーチューブはたまたま見つけた少人数ながら
素敵な演奏。 大阪南YMCA
http://www.youtube.com/watch?v=C1khTOsgu0E

« 東京フルトヴェングラー研究会 シンポジウム  ワーグナーとフルトヴェングラー | トップページ | オペラ 「リア」(Lear) アリベルト・ライマン作曲 日生劇場開場50周年記念 特別公演 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック