« みなとみらい21交響楽団 第4回定期演奏会  春の祭典~ユニークなオケに心からの拍手を | トップページ | 映画 「101回目のプロポーズ」 (101次求婚) »

2013年10月29日 (火)

小林沙羅さん 日本シリーズで「君が代」を斉唱  来春 日本コロムビアからCDデビューも決定

私が全面的に信頼し、応援しているソプラノ歌手 小林沙羅さんが
10月29日の日本シリーズ 第3戦の開始前、
恒例の「君が代」斉唱歌手に選ばれ、見事に国歌斉唱された。

始球式は、先の体操 世界選手権男子で、技に「シライ」の
命名がなされた 白井健三選手(鶴見ジュニア体操クラブ、
神奈川・岸根高)だった。

ライブ時間は勤務中で、自宅録画機材状態が良くないため、
誰かのユーチューブアップに頼るしかなく、よって、
数日間、直接見、聴いてはいない状態だったが、
いろいろな単語で検索した結果、斉唱している姿を横から
写した写真をアップしているURLと、
姿は映っていないが、声がはっきり録音されたURLを見つけて
 (不完全、不満足ながら)やっと聴くことができた。

第一声から「あっ、沙羅さんの声だ」と判るトーン。
もう何度も聴いている歌声だから。

実家でTVを見ていた巨人ファンの82歳の父は
 「素晴らしかったよ」と言っていたし、

金沢在住の大学合唱団同期の女性の友人
 ~金沢で沙羅さんを既に2回聴いている~には
事前に伝えてあったので、感想をたずねると、
 「純白のドレスで、厳かに登場。美しく国歌を歌いあげ、
  さすがでした。とても落ち着いていて感動的な姿。
  選手たちもじっくり聴いていた感じ。
  わずか数分間がもったいないくらい」、
と伝えてくれた。

また、歌い終わって後、来場していた長島茂雄さんにも
声をかけていただいたそうだ。素晴らしい。
そのことを沙羅さんが自身のブログでこう書いている。

 「歌い終わって控室に戻る時に、廊下でばったり、
  長嶋茂雄さんとお会いしました。

  そしてなんと、長嶋さんが、
  <今、部屋でテレビで見ていましたが、国歌独唱、
   とても良かったですよ。
   国歌はたくさん聴いていますが、
   あなたはとても良かった>
  と声をかけて下さいました!!!

  思いがけない事でドキドキして、
  <ありがとうございます! とても緊張しましたが、
   無事に歌えてホッとしております>
  とお答えしました。

  (長島さんの)一つ一つ、ゆっくりとお話下さったお言葉は
  とても重みがあり、私の一生の宝物になりました」

と喜びを率直に記されている。

注目の、全国放送の日本シリーズであろうと、何だろうと、
沙羅さんは度胸ある人だから、心配ご無用
というところだろう。

晴れのステージが似合う人と言うべきか。
そういう星の下に生まれたごく稀な人なのだと思う。

いわゆる「持っている人」だ。
二期会にも音楽専属事務所にも属していないのに、
指揮者の井上道義さんや大友直人さんらにかわいがられ、
国内外から多くのオファーを受けている。
それも、有名なオペラだけでなく、
千住明さんや三枝成彰さんなどの新作のオファーも含め、だ。
これだけ若くして、そういう人はほとんどいない。

ウィーン留学中に、ブルガリアのソフィア国立歌劇場から
オファーを受け、また、日本のオケではあるが、
ムジークフェラインで、第九を歌った歌手、
それもこの若さでそれを経験した人が他に何人いるだろう?

強運の持ち主。
もちろん、実力があるから運を呼べるのだが、
それはただ向こう側から自然にやってくるというだけでは
ないだろう。

普段から自ら積極的に、果敢にチャレンジしていく、
そのひたむきさ、誠実さ、探求精神、チャレンジ精神、
多くの人と関われる心の広さ、
欧州だけでなく南米だろうと何処にでも1人で行ける
度胸と好奇心、向上心あってこその運、ステージ、結果
だろう。

オペラの題材がフィレンツェならフィレンツェを見に行く、
鹿児島の知覧なら知覧に行く、という真面目さ、探求心、
誠実さ。

自己の信念と独自性をしっかり持っている人。

日本、日本人への愛情はもちろんある。
それは学生時代から、東京芸大の現代詩研究会に属して、
今でもその仲間たちとの延長線での活動である
 「VOICE SPACE」の公演は、多忙の中、
都合が許す限り参加し続けているし、

親族関係で縁のある長野県小布施町でのリサイタルも
これまで数回足を運んで地元の人々のため、
リサイタルを開催してきている。

そうした、多くの人に分け隔てなく気配りのしっかりできる人が
小林沙羅という歌手、女性なのだ。

来年春、日本コロムビアから初CDをリリースすることが
決まり、同社が正式にホームページで公表した。
今から待ち遠しい。楽しみだ。

« みなとみらい21交響楽団 第4回定期演奏会  春の祭典~ユニークなオケに心からの拍手を | トップページ | 映画 「101回目のプロポーズ」 (101次求婚) »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック