« FAF管弦楽団 第45回定期演奏会 | トップページ | 東京五輪に関する中学生の意見~東京新聞から »

2013年9月 1日 (日)

ウルトラマン シンフォニーコンサート        円谷プロ創立50周年記念

円谷プロ創立50周年記念として、
ウルトラマン シンフォニーコンサートが東京芸術劇場で開催
された。
13:30開始と18時からの二部制(同じ内容)で、
私は13:30からのを拝聴。

出演者と演目は以下のとおり。

指揮 角田鋼亮
    冬木 透…交響詩ウルトラセブン

管弦楽 東京フィルハーモニー管弦楽団

司会 つるの剛士
    石田エレーヌ

歌手 中西圭三
    jammin’s Zeb

ゲスト 黒部 進  桜井浩子  森次晃嗣  ひし美ゆり子

演奏曲

1.ウルトラマン メドレー
 (1)ウルトラQメインタイトル (2)ウルトラQのテーマ
 (2)科学特捜隊のテーマ (4)ULTRA SEVEN
 (5)MATのテーマ  (6)帰ってきたウルトラマン

2.円谷作品メドレー
 (1)怪獣ブースカ  (2)恐怖の街
 (3)ミラーマンの歌 (4)ファイヤーマン
 (5)ジャンボーグA (6)MJの歌
  歌…中西圭三 jammin’s Zeb

3.21世紀 ウルトラマンメドレー
  ウルトラマンゼロシリーズからウルトラマンギンガまで

4.ウルトラマン主題歌メドレー
 (1)ウルトラマンA  (2)ウルトラマンタロウ
 (3)ウルトラマンレオ (4)ウルトラマン80
 (5)君を守りたい   (6)誓い

  (1)~(4)…jammin’s Zeb
  (5)…つるの剛士
  (6)…中西圭三

 (休憩)

5.ウルトラバトル シンフォニー
 (1)大怪獣出現 (2)進めウルトラマン

6.特別ゲスト 庵野秀明さんよりリクエストに応えて演奏
 (1)帰ってきたウルトラマンより
    M13 夕日に立つウルトラマン
 (2)マイティジャックの歌 …jammin’s Zeb

7.交響詩ウルトラセブン


ウルトラシリーズ特集とあって楽しみに出かけた。
指揮の角田氏はよく演奏していた。
音楽として一番感心し、興味深かったのは、作曲者自身が
指揮した「交響詩ウルトラセブン」で、緩如な楽章を含む、
音響的和音的にもとてもユニークで、クォリティの高い内容。
あらためて冬木氏の才能に驚いたしだい。

なお、司会者については
 <「盛り上げる」と「舞い上がる」とは違うんだよなあ>
ということは感じた。
すなわち、「盛上げようとして、自分たちだけで舞い上がっている」
という感じが終始した。
特に中西エレーヌさんの口調自体がそうだし、
何度か噛んでいて、落ち着いた司会とはとても言えなかった。

会場は10歳前後の少年を連れた父親、というような家族で
来場者がたくさんあり、これもこの特別なコンサートならではの
ものと言える。

最後に、出演者全員がステージに登場し、
会場といっしょに「ウルトラマンの歌」を歌って終了した。

« FAF管弦楽団 第45回定期演奏会 | トップページ | 東京五輪に関する中学生の意見~東京新聞から »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック