2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Amazon CD

  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
  • :
無料ブログはココログ

« 中村初惠さんによる地道な被災地慰問活動  秋のノスタルジア | トップページ | 岡田昌子さん 久々の日本のステージで歌う   フレッシュ名曲コンサート~コバケンさん日フィル »

2013年9月29日 (日)

映画 「椿姫ができるまで」~オペラファン必見です

2011年の南フランス エクサン・プロヴァンス音楽祭で上演
された「椿姫」のリハーサル過程を追ったドキュメンタリー。

名ソプラノ ナタリー・デセイやテノールとバリトン歌手に丹念な
演出を付けていく演出家ジャン=フランソワ・シヴァディエ。

徹底的な細かな意図を歌手たちに伝えていく。
オペラは歌手が主役なのに、独善的演出家が多くいる現実から
欧州でもオペラの人気低迷ぎみと言われているが、
シヴァディエのように、あれだけ徹底的に演技指導をする演出家
には少なくとも誠意は感じる。

ときにデセイが呆れるくらい細かな指示と指導。
デセイはもしや内心「そんなことは解っている」と言いたい場面も
あるかもしれないが、基本的には「ウィ(Yes)」と応え、
シヴァディエに従っていく。
そんな中にも、デセイが演技1つ1つに入念に考えてやり直して
行く姿が印象的だ。

指揮者や演出家による合唱団への指導も実に興味深い。
また、言うまでもないが、コレペティトールの重要さ、その人は
有能な人でなければならないこともよく理解できる内容だ。

終わり5分はオケリハ。
そして最後は、いったん休憩に入っていたにもかかわらず、
デセイは自分が「倒れるシーン」を女性演出助手と何度も
やり直す。

40代後半のデセイの声の圧倒的な完成度、技術、
そして演技力にただただ感心し感動する。

後半は本番でのシーンを織り込みながら、ステージでの
総仕上げリハに中心が移る。

こうした過程を映画監督フィリップ・ジベアが撮ったもの。
ゆえに、これはこのリハ自体が1つの「作品」になっている
とも言えるだろう。
オペラファン必見の映画。あっ、歌手の皆様ももちろんです。

渋谷シアター・イメージフォーラムにて上映中
 ~宮益坂を上がってスタバの手前を右折してすぐ~
http://traviataetnous.jp/

« 中村初惠さんによる地道な被災地慰問活動  秋のノスタルジア | トップページ | 岡田昌子さん 久々の日本のステージで歌う   フレッシュ名曲コンサート~コバケンさん日フィル »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック