« 長谷川陽子さんによるシャコンヌの解説 | トップページ | 山田和樹さんによるモーツァルトの解説講座 »

2013年9月 8日 (日)

東京五輪決定~だからこそやらねばならないこと  世界は今後被災地復興と原発問題を見ている

明るいニュースではある。だが、圧倒的な違和感を覚える。
あれだけのプレゼンをやる「やる気」が、
東北復興や福島対応にも欲しい。 なぜ「無い」のか?

IOC委員の中には、
 「安倍総理が、最終プレゼンで東京の原発の安全を保証
  してくれたことがポイントだった」
という人がいて驚いた。「口では何とでも言える」のだ。

 「福島原発は、完全に政府のコントロール下にある」
 などと、よくもシャーシャーと言えたものだ。

いずれにしても、これで日本は、復興と原発対策について
 「待ったなし」となった。

これからの少なくとも7年間は世界が東京だけでなく、
被災地を日本を見ている。

今後、福島第一原発に「万一」のことが生じた場合、
 「開催について<待った>がかかる事は当然有り得る」
からだ。
最悪の場合、「決議無効、やり直し」だって事態によっては
有り得ないことでないのだ。

よって無事2020年に開催するためにも、
東北の復興、福島第一原発の「解決」は必須要件となる。

 完全に「待ったなし」だ。

開催地決定の「浮かれ状態」はほどほどにし、
仮設住宅にお住まいの多くの人の生活と、
故郷の地に対する対策はどうするのか?
海水は本当に汚染されていないのか?

 「待ったなし」だ。

仮に7年後も「仮設」とか「海水汚染」とか言ってる状態が
残っていた場合、それは開催地として失敗、失格という
だけでなく、国家として敗北を意味する。

個人的には、魅力的な街にして、初のイスラム圏で
オリンピックを開催すると、どういうことになるのか?
という興味からイスタンブール五輪を
東京の10倍くらいの関心を持って観たいと思ったので、
とても残念だ。
イスタンブール五輪は私が生きている間に観てみたいものだ。

« 長谷川陽子さんによるシャコンヌの解説 | トップページ | 山田和樹さんによるモーツァルトの解説講座 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック