« イシンバエワさんのつぶやき & 復活を祝す | トップページ | 吉永小百合さん 誕生日と空襲と反核平和運動 »

2013年8月15日 (木)

甲子園球場での黙とう終了「ご協力」はおかしい

今年も同じだった。
以前ブログにも書いたが、12時のサイレンとともに
甲子園球場では試合を中断して選手、審判、観衆全員で
黙とうが行われる。
多くの若い人を含む点でも厳粛な瞬間だが、
黙とうを終わる際、「ご協力、ありがとうございました」と
毎年アナウンスされる。

 これはおかしい。

終戦記念日の黙とうは別に「ご協力を仰いで行うものではない」
ことは自明のことだろう。
戦没者追悼式と同じく、「黙とうを終わります」だけでよい。

これは言葉尻の問題ではなく、国民としての共有の思いとか
スタンスの問題だと思う。
なぜ周辺関係者あるいは観戦者の間で指摘がなされないのか
不思議だ。

なお、会場には日本人だけではないから配慮が必要、という
言い分もあるようだが、論理的ではない。なぜなら、
この黙とうは、何も日本人による日本人戦死者犠牲者のみに
対するものではないからだ。
国内にいて空襲等で亡くなった多くの外国人に対する弔意も
当然含まれる。
よって、黙とうそのものは協力云々という性質のものではない
という見解はこのことも当然含まれ、よって自明のことなのだ。

昨年、私は新聞に投書したが採用されなかったので、
今回も一応投げてみようとは思う。

« イシンバエワさんのつぶやき & 復活を祝す | トップページ | 吉永小百合さん 誕生日と空襲と反核平和運動 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック