« 戸田交響楽団 第54回定期演奏会        優秀なアンサンブル あとは野性的な迫力を | トップページ | 夜叉ヶ池 by 香月修作曲 新国立劇場 »

2013年6月26日 (水)

重要法案廃案という愚の骨頂

生活、社民、みどりの風の3党が提出した安倍晋三首相に
対する問責決議案は国会最終日の26日、参院本会議で採決され、
野党の賛成多数で可決されたが、これにより、
電力システム改革を進める電気事業法改正案や
生活保護法改正案などの重要法案が廃案になり、
第183通常国会は150日の会期を終えて閉会してしまった。

  実にバカげたことだ。

可決とはいえ、実質上意味の無い参議院での問責決議の
ために、電力システム改革を進める電気事業法改正案等、
当初、成立が見込まれた電気事業法改正案や
海賊多発海域船舶警備特別措置法案、
生活保護法改正案などの政府提出の重要法案4件、
議員立法の水循環基本法案、雨水利用推進法案の2法案、
韓国・中国との投資促進協定などの条約承認案6件の、
計6法案、条約6件、計12本の法案と条約が廃案となって
しまったのだ。

参院選を意識した与野党の駆け引きが、
本来の仕事である立法を放棄してしまうという怠慢。

元は、参院第1党の民主党が、衆院小選挙区を「0増5減」する
公職選挙法改正案の参院での採決を見送ったのが発端という。
これに反発した自民、公明両党が21日、
平田健二参院議長への不信任決議案を提出し、
首相ら政府側と与党は24、25両日の参院予算委員会を欠席
した。これについて、今度は野党が「憲法違反」と断じ、
首相の問責決議案を提出したというわけだ。

本末転倒も甚(はなは)だしい。
将来的とはいえ、発送電分離を踏まえた電力法案をつぶした
生活、社民、みどりの風は言語道断で、責任は極めて重い。
国会議員の
 「観念論だけが先に立ち、国民のことを考えていない」
ことをあらためて露呈した。

これは、自民党による「法案つぶし」の策に、
野党がまんまと「してやられた」のではないか?
とさえ思ってしまう。とにかく呆れの極致だ。

もっとも、斎藤美奈子氏がと東京新聞で指摘しているように、
生活保護法改正案は、受給の申請を水際で排除する内容が
あること、生活困窮者自律支援法案は実効性に乏しく、
低賃金就労を固定化する要素があること、
電気事業法改正案も発送電分離を2018年に先送りし、
発電と送電の会社の資本関係は可とするなど
現在の電力会社の意向に沿ったものとも言えることから、
廃案歓迎とする意見もある。

« 戸田交響楽団 第54回定期演奏会        優秀なアンサンブル あとは野性的な迫力を | トップページ | 夜叉ヶ池 by 香月修作曲 新国立劇場 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック