« マーラー カンタータ 「嘆きの歌」 (初稿版)   東京交響楽団 東響コーラス創立25周年記念④ | トップページ | 再度 「体罰」について~ダメなものはダメ    是とする考えを徹底的に批判する »

2013年3月26日 (火)

反逆する司法~利権ふまじめ政治家体制に対して

いわゆる一票の格差に関して、3月25日には広島高裁、
26日には広島高裁岡山支部で、
それぞれ違憲に加え<無効>の判決が出た。
「無効」とまで判断したのはこの2つが初めて。

これまで、3月に入ってだけでも、26日までに既に、
 <違憲状態>が2つ、<違憲(無効とはせず)>が11
出ている。 この無効も数えると、
<とにかく違憲状況だよ>としたのが15もある、ということで
これはもう司法判断は一致決定していると言えるだろう。

裁判はときとして、「しょうもない判決」を出すことも
ままあるが、この流れは注目に値すると思う。

私自身は正直今まで「一票の格差」問題には
あまり関心をもってこなかったので、反省している。

とにかく、何らかの政治的判断と行動が必至だし、
政府がもたもたしている場合に、仮に今後もこうした判決が
続出するなら、夏の衆参同時選挙ということも
にわかに現実味を帯びてくるかもしれない。

« マーラー カンタータ 「嘆きの歌」 (初稿版)   東京交響楽団 東響コーラス創立25周年記念④ | トップページ | 再度 「体罰」について~ダメなものはダメ    是とする考えを徹底的に批判する »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック