« 坂口良子さんを悼む | トップページ | 「オテロ」~CITTADINO歌劇団 第13期生 公演 文京区民による区民参加手作りオペラ »

2013年3月31日 (日)

伝説の名勝負~「東洋の魔女」~NHKTVより  勝つ戦術理論に基づく猛特訓~体罰は論外

東京オリンンピック女子バレーボールの映像は、
日本が金メダルを決める直前からの映像しか残っていないと
思われていたが、
第1~第3セットの相当量残されていたことが判明。

それに基づき、日本の6人がインタビューで当時の練習や
その2年前の世界選手権で優勝、
2年後の東京五輪への迷いと決断、
決勝戦での~ソ連チームの混乱も含めた~状況、

例えば、第1セットではサウスポーアタッカーの
宮本選手が不調→しかし、
キャプテンにしてセッターの河西選手が宮本を信じて
トスを上げ続けて第2セットで復調させたこと。
第3セットは(当時15点制)14-9と優位に立ってから、
14-13まで追いつかれるという苦しい状況、
等々について、
6人選手たちから~ソ連の数人の選手へのインタビューも
加えて~語られた。

これまでは短いフィルムだけで見ていた私を含む後世代の人は、
あの最終セットが、どういう(どのくらいの苦しい)状況かは、
当時、現場やTVで見ていた人以外は判らないわけだから、
第1セットの出だしがソ連優勢、それをサービスエース等で
振り切っていき、最終セットも息詰まる闘いだったことを
初めて知ったわけである。

あらためて、勝利にはいたずらな根性論や、いわんや
暴力的シゴキなど無意味であることを確信した。

 「東洋の魔女」たちは、当時ソ連を含む世界が
  未だ経験していなかった
  ①回転レシーブ、
  ②大きく変化するサーブ(によるサービスエースや
   レシーブ混乱)による得点、
  ③(サインプレーの無かった時代に選手たちだけで
   瞬間に判断して使える)高度な時間差攻撃、
  という新しい技術を獲得して、パワーで勝るソ連に打倒として
  挑み勝ったのだ」。

その3つのための、それを大松監督が伝えたうえでの
猛特訓であって、具体的戦術の無いやみくもな猛練習という
根性論ということではまったくないことがよく解った。

« 坂口良子さんを悼む | トップページ | 「オテロ」~CITTADINO歌劇団 第13期生 公演 文京区民による区民参加手作りオペラ »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック