« 映画 「レ・ミザラブル」 は すこぶる評判が良い | トップページ | 澤江衣里さんの歌声は空気をオレンジ色に染める »

2013年2月 9日 (土)

中国の狼狽から真意を読みとるということ

尖閣諸島での中国の軍艦による自衛隊護衛艦への
射撃用レーダーへの照射問題で、中国政府が、
 「日本のでっちあげ、ねつ造」とコメントしたことは
無論 言語道断の論外で、日本人として怒るのは当然だが、
中国が自分たちの非を認めない言動は「昔からいつものこと」
なので、別に驚かない。

私が驚いたのは、「やっていない」と否定したことだ。

昨年の流れからいくと、
「釣島は中国の領土だから防衛のための照射は当然」
と開き直るかと想ったので、意外だった。

ここから少なくとも2つのことが読み取ることは可能である。

①中国もトップ交代に際して昨年までと違って、関係を修復
  したいと考えていたのに、日本政府が
  「余計なこと=暴露」をしやがって、台無しじゃないか、
  という思いからの日本批難。

②中国内のオペレーショナルミス(意思疎通の不徹底、混乱)。
  すなわち、中国政府は①のように「変化」を考えているのに、
  現場=尖閣諸島周辺での軍部は当然ながら
  「熱いまま、それゆえ、もしかしたら独断でやった」
  という政府と現場との温度差の表れ。

このように、少なくとも、照射を「やったよ」と言わずに
「やっていない」としたことこそ中国政府の真意、
心理的当惑感、政治的狼狽状況を読み取り得るのだ。

ねつ造云々は「いつもの言い訳」に過ぎず、重要なポイントは
「やっていない」(もちろん、やったに違いない)と否定したことだ。

« 映画 「レ・ミザラブル」 は すこぶる評判が良い | トップページ | 澤江衣里さんの歌声は空気をオレンジ色に染める »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック