« 沢木耕太郎さんの映画論評文は素晴らしい | トップページ | こうもり 二期会~演出の良さ 愉悦のひととき  お客さんのノリの良さが印象的な公演 »

2013年2月23日 (土)

女子ジャンプは 沙羅VSサラ の時代

ウィンタースポーツは、フィギュアスケートはもちろん、
カーリングやジャンプ等、自分では全く縁がないものの、
楽しめるものが多い。

ジャンプの女子においては、欧州を中心に優秀な選手は
もちろん大勢いるが、中でも、
  16歳の日本人 高梨沙羅選手と、
  18歳のアメリカ人 サラ・ヘンドリクソン選手の
ライバル対決が見ものだ。

偶然とはいえ、サラという名前が~音的に~同じである
ことも話題を盛り上げる。
こんな楽しい偶然なら大歓迎というところだろう。

高梨沙羅選手は、今季のワールドカップ総合優勝を決めている。
ノルディックスキー世界選手権では、昨年の総合チャンピオン
でもあるヘンドリクソン選手が僅差で優勝。
沙羅選手は2位だった。

いずれにしても、この2人の競い合いは今後も楽しみだ。

« 沢木耕太郎さんの映画論評文は素晴らしい | トップページ | こうもり 二期会~演出の良さ 愉悦のひととき  お客さんのノリの良さが印象的な公演 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック