« 独断と偏見による柔道界考その1~3および氏名公表否定論 | トップページ | 中国の狼狽から真意を読みとるということ »

2013年2月 8日 (金)

映画 「レ・ミザラブル」 は すこぶる評判が良い

私はフェイスブックでは現在340人の友人がいるが、
その内、20人くらいが、映画「レ・ミゼラブル」を観たよ、
良かった、と感想をアップしている。

このように、各人に共通するのは「絶賛」ということ。

比較的冷静に書いている人でも、例えば、
 「ミュージカルとしての良さは侵害されないが、
  映画としてはよくできている」、

 「ジャベールが少し優し過ぎるかもしれないが、
  全体としては秀逸な映画作品」と、

結果的に全ての人が絶賛している。

また、オペラ歌手等、プロの音楽家も絶賛しているのが
象徴的でもある。

ソプラノ歌手のSさんは、FBのバックボーン(フィールド写真)を
「レ・ミゼラブル」にしたくらいだ。


 後記

イギリスのアカデミー賞の発表が12日あり、
助演女優賞にファンテーヌ役のアン・ハサウェイ、
音響賞、プロダクションデザイン(美術)賞、
メイキャップ&ヘア賞を獲得した。

24日の本家アメリカのアカデミー賞の発表が楽しみだ。

« 独断と偏見による柔道界考その1~3および氏名公表否定論 | トップページ | 中国の狼狽から真意を読みとるということ »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック