« 誇らしい銀メダルに祝杯を~なでしこの成長 | トップページ | 山田和樹 新日本フィル+萩原麻未+ラヴェル   粋で静謐なフランス音楽 »

2012年8月11日 (土)

福原 愛さん~団体が好き~被災地にメダルを

福原 愛さんは言う。
「個人戦が嫌いというわけではなくて、同士打ちがすごく嫌いで
 同じチームなのにどうして試合をしなければいけないんだろう
 と思ってしまうんです。
 でも団体戦だと絶対に当たることはないですし、
 後ろを振り返ったときにチームメートが応援してくれたり、
 声をかけてくれたりすると、すごく心強くて。
 みんなで一緒に頑張るっていう、一つの目標に向かって
 みんなで力を合わせて頑張るという雰囲気がとても好きなので
 団体戦が好きです。
 本当に2人のおかげで銀メダルが取れたので、感謝しています」

 (今何がしたいですか?)

「特に何がしたいというのはないんですけど、こうして皆さんの
 力でメダルを取ることができたので、早くメダルを被災地とか
 出身地である仙台に持って帰りたいです」

 (若い女性アスリートへのメッセージを)

「私はこのメダルを取るのに20年かかりました。
 20年かかってもあきらめないでコツコツと目の前のことを
 頑張れば、夢はかなうんだなということが今回本当に
 分かったので、私たちも1日や2日でこういうふうになれた
 わけじゃないので、あきらめないで頑張ってほしいです」


中国でも人気の福原選手。

福原さんが日本卓球史上初の銀メダルを東日本大震災の
被災地である仙台の子供たちに持っていくと約束したことを、
中国大手スポーツ紙の『タイタンスポーツ』や『人民網』などの
メーンマスコミはこぞって報道し、
「それは子供たちに希望や勇気をもたらすことになるだろう。
中国のどの金メダルよりも大いに尊敬すべき、
かつ価値ある行為だ」、とネットに書かれた。

« 誇らしい銀メダルに祝杯を~なでしこの成長 | トップページ | 山田和樹 新日本フィル+萩原麻未+ラヴェル   粋で静謐なフランス音楽 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック