« ロンドン五輪以外のことを少しまとめて | トップページ | ロンドン五輪を振り返って~メモから その2 »

2012年8月13日 (月)

ロンドン五輪を振り返って~メモから その1

以下は、ロンドン五輪の各種目、試合の都度の感想で、
主にフェイスブックに書いたことをメモ的に記しておきたい。
なので、順番や時系列等は今となってはバラバラになります。


  柔道

松本薫選手の顔、カッコイイ。
ちょっと爬虫類ぽくて、と言ったら失礼だが、勝気100%の
どう見ても負けそうにない顔立ちがアスリートとして格好いい。

松本さん、金。
それにしても、開始前、ソデで待っているときの顔体操(?)の
表情七変化と独り言は、後日、TV番組で笑いの題材にされそう。
結果がめでたかったからいいけど。

柔道はNHK。それと同時刻にテレ朝では卓球の福原愛さん。
なんと、オランダの選手にセット数1-3でリードを許し、
逆転でベスト8行きを決めた。ハラハラもの。
1-3のときは、「またベスト16で終わりか」と諦めたが。
愛ちゃん、見せ場作り過ぎ。


松本薫選手の株をまた上げるちょっといい話。

Q;優勝が決まったとき、最初に誰の顔が浮かびましたか?
A;「福見選手と中村選手です。いっしょに苦しい練習を
  してきたので、2人の分も、と思って戦いました」

柔道女子48キロ級。福見友子選手さんはとても残念だったが、
なんか表情が硬かった。積極性が弱かったように思えた。
優勝したブラジル選手は北京で初戦敗退。3位決定戦で
福見さんに勝ったハンガリーのチェルノビチュキー選手は
北京では8位だったか、とにかくメダルに届いていない。
そういう悔しい思いを既に五輪で経験している人たちなのだ。
3位決定戦では「勝ちたい」という迫力が残念ながら
福見さんより強く出ていた。
そういう状況があるのに、また、初出場なのに、
国内での浮き沈みの物語をマスコミが強調して、
 「だから絶対 金」などというレッテルを事前に
福見さんに貼ったのは、福見さんに気の毒だったという感じが
とてもする。
福見さん、ここで辞めないでぜひ「次回」を目指して欲しい。

優勝はブラジル。銀と銅の2人の3人は欧州。
この体重級ではこれまでアジア勢が必ずいたが、今回はゼロ。
しかもこう言っては何だが、皆さん美人。
 「これが柔道選手?」という感じ。
男子は昔から欧州の強豪が多数出ているが、
女性もそういう時代が来たのだろう。


  重量挙げ

重量挙げ女子48キロ級~三宅宏実選手。堂々の銀メダル。
素晴らしい。彼女も以前、苦い思いを五輪でしている。
それがあっての今回のメダル。
親子でのメダル確定。
父親の銅を超えての銀メダル。めでたい。


  水泳

水泳男子400メドレリレー銀メダル リレーで初のメダル。
レース直後、松田選手いわく、
 「(北島)康介さんを手ぶらで帰すわけにはいかないので」

  惜しくも銀メダルの入江選手はいたって謙虚だ。
 「水泳チームは27人でリレーしている。リレーの最終泳者が
  最後のタッチをするまでまだレースは終わっていない」
 メダリストは顔良し、性格良し、コメント良し。

  北島もかっこよかった。
 「3連覇を狙うというよりも、自分への挑戦の4年間だった。
  メダルを取れなかったのは悔しいけれど、
  諒が取ってくれたので、悔いはないです」


 夢を~泳いだ、寺川 綾 ~8年越しのメダル
平井コーチの存在はもちろんだが、同期のライバルにして
親友の伊藤華英の存在は大きいはず。
北京五輪選考にもれ、「水泳を辞めよう」と漏らした寺川を
 「なんで?」と叱りつけて激励したのは伊藤だった。

水泳女子400メドレリレーもシドニー以来の銅メダル。


  体操

王者は挑戦し続ける。自分の美学にこだわる~内村航平
 「一番大きな大会で一番いい色のメダルをとった今も
  満足していない。結果ではなく、表現したい理想の体操が
  ある。
  リオデジャネイロ五輪もある。まだまだ挑戦していきたい」

女子では、16歳の寺本明日香。天才かもしれない。
 次期エースは間違いない。


  バドミントン

 バドミントン その1~無気力試合
運営内容的にも問題あるようで、選手だけが責められる
ことに同情の余地はあるらしい。ただし、
会場からは容赦ないブーイングが当然起きた。

 バドミントン その2
佐藤冴香さん、試合途中で足痛める。
続行するも途中棄権。
彼女の悔し泣きに加え、会場からは
彼女の健闘を讃える大きな拍手が起きた。
正直、今大会の全てのシーンの中で、
私が初めて感涙してしまったシーン。


 バドミントン その3
フジカキ 日本バドミントン史上初のメダル。
一流選手のテニスの打球は時速250km、卓球200km、
ゴルフ180km、野球とバレーボール160km、
バドミントンはなんと400kmとも言われている。
オグシオ→イケシオが早々に敗退、
期待の「スエマエ」=末綱聡子、前田美順組も惜しくも敗退。
「スエマエ」の後輩として先輩たちを追ってきた
 「フジカキ」=藤井瑞希、垣岩令佳 組(世界ランキング5位)が
 準決勝に勝利し、銀メダル以上が確定した。
 4組の失格という「幸運」は確かにあったにしても
 「運も実力の内」だ。

 フジカキ 決勝戦
惜しかった! 特に第2セットはデュースの連続で白熱。
素晴らしい戦いと銀メダルに心からの拍手。

« ロンドン五輪以外のことを少しまとめて | トップページ | ロンドン五輪を振り返って~メモから その2 »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック