« 札幌オリンピックから40年 | トップページ | 「VOICE SPACE」~「詩と音楽のコンサート」 with 谷川俊太郎さんと谷川賢作さん »

2012年2月 5日 (日)

三船優子さん ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番 神奈川フィル グリーンホール相模大野

ピアノストの三船優子さんについてはCDで少し知っていたくらい
だったが、昨年、東京オペラシティでのジャパン・アーツ主催の
チャリティ演奏会で演奏のほか、休憩時間だったか終演後
だったか、アーティストたちが募金箱を持って立っていた中で、
とにかく背が高く堂々とした体躯と美形に加え、ニコッとした
笑顔が外見的な派手さとは全く逆の優しく控え目な気さくな
感じがして、一気にファンになってしまったのだった。

なるべくライブを、と思いながら、都合が悪い回がいくつか
あったが、やっとライブ、それもラフマニノフの第2コンチェルト
を弾く演奏会情報を知ったので、グリーンホール相模大野での
神奈川フィルハーモニー管弦楽団による
「オーケストラ 名曲への招待~ハ短調の慟哭(どうこく)~」
と冠した演奏会に出かけた。

指揮者は、ウィーン・フィルでヴァイオリンを弾いていて
指揮者に転向したという サッシャ・ゲッツェル 氏。


プログラム

1曲目はグリンカの歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲
 これはまあ、プロオケならこのくらい普通に演奏できますね、
 という感じで、悪くないけど特別どうこうコメントすることも
 ない演奏。

2曲目がラフマニノフのピアノ協奏曲第2番

三船さんは先述のとおり外見的には背が高く欧米人のような体格
だし、CDでもバーバーやガーシュインなどアメリカに関する曲が
多いのでイメージ的にはハデ系の演奏をするのかと思いきや、
イメージとは相当違い、演奏中、顔の表情もほとんど変えないし、
音も中音域に力点があるような堅実なもので、
いわばアンサンブル的な演奏をされたのが意外ではあった。
ただ、これでもっと高音域にきらびやかなツンとした音があると
もっと良いとも思ったが。
今後も折をみて聴き続けていきたいピアニストだ。

オケのパートに関して、ラフマニノフのピアノ曲とオケの合わせに
関しての難しさについては、FAF管弦楽団のところで書いたが、
今回はさすがにプロだから、柔らかく良い伴奏だった。
第1楽章冒頭のピアノによるクレッシェンドしてくる
鐘のような印象的な打鍵の直後、
ヴァイオリンとヴィオラが第1主題を奏するところの
チェロとコントラバスのピッチカートの強奏はとても良い。

ただ、オケ独自の強烈なトーンというものはどのパートからも
あまり感じられなかったが。


休憩後は、ブラームスの第1交響曲。

第1楽章以外の3つの楽章はわりとゆったり目のテンポで
なかなかソフトなつくりの、好感を持てる演奏。

第1楽章は冒頭の序奏から私に趣味には合わない速いテンポ。
 アレグロの主部に入ってからも軽く進んでいき、いささか
 モーツァルト風の演奏とでも言おうか。
 ところどころで少しテンポを抑えてニュアンスを作ってはいたが
 第1楽章はあまり楽しめなかった。
 「こりゃ、この後もそうか?」と諦めたのだが、
 良い意味で予想は裏切られ、先述のとおり、
 第2楽章以下は基本的にゆったり目のテンポで好感が持てた。

第2楽章の終わり、ヴァイオリンのソロと管楽器の
 合わせ(タイミング)が「いまいち」だったのが惜しまれる。

なお、プログラムの1曲目と2曲目ではあまり感じなかったが、
このブラームスでは特に終楽章の例のアルプホルンを模した
ホルンの旋律に続くフルートの同型音句の旋律での
第1フルートの音はとても魅力的だった。

神奈川フィルのコンサートマスターは積極的なソロ活動や
外見的個性もあり有名な石田泰尚(やすなお)氏。
コンマス席では足を大きく開いた独特の奏法も印象的だ。


全演目終演後、驚いたのだが、三船さんを含む神奈川フィルの
数名がロビーに立ち、募金をやっていたのだ。

なんでも、楽団は多額の債務を抱えており、
公益法人制度改革により2013年11月までに
新しい公益財団法人に移行しなければならないのだが、
そのためにはその債務超過を解消することが必須条件
とのことで、
具体的にはそれまでに純資産300億円を確保すべく、
今後約2年間の中で5億円の募金を集めることが目標
とのこと。

そこで、黒岩祐治 神奈川県知事を応援団長として
 「がんばれ!神奈フィル応援団」が結成され、
 「ブルーダル基金」と命名されての募金活動が
始まっているとこことだった。

振込用紙も含めてかなりの量のPR資料が作られ、
会場で事前に配布されている。

都内に多く集中しているプロオケとは違い、
地域密着的な要素や、
びわ湖+神奈川県民ホール共同の「ばらの騎士」全曲
での実に立派な演奏などを考えると、
存続していって欲しいと私も思う。

« 札幌オリンピックから40年 | トップページ | 「VOICE SPACE」~「詩と音楽のコンサート」 with 谷川俊太郎さんと谷川賢作さん »

ブログ HomePage

Amazon DVD

Amazon 本

最近のコメント

最近のトラックバック